製造業

日本の基幹産業ともいえる製造業では、より高い競争力を持つためのデジタル化が進められています。
複雑な問題に対処するためのさまざまなツールを提供し、細かい重要な作業を完了できる奥深さを備えた3DCAD。高精度な3D造形物作成のための豊富なラインアップでご提供する産業用3Dプリンター。
製造業における業務の効率化、品質向上、コスト削減のための仕組み作りをお手伝いします。

このようなことでお困りではないですか

リードタイムに時間がかかり過ぎている
製造時のトラブル対策に工数がかかる

製品の品質を高めつつ、開発のリードタイムを短縮

3Dデータによるデザインレビューを行うことによって、問題点の早期発見できます。
設計から製造工程における手戻りを最小限にして、より正確に、より早く、製品をリリースすることが可能です。

現物はあるが図面がないため、元データを作るのに手間がかかっている

さまざまなリアル形状をデジタル3Dモデルとしてキャプチャする

試作を内製化することで、試作工数と試作コストの削減。
現物はあるが図面がないため、リアル形状を簡単にデジタル化できます。

ソリューション

3DCAD/3Dプリンター/3Dスキャナー

3DCADによる三次元設計やシミュレーション(解析)を実践することによって、さまざまな設計案に対して根拠ある検証をすることができます。その結果、製品品質の向上、試作回数の低減、開発からリリースに至るリードタイム短縮、開発コストの低減といった効果を得ることができます。
高精度な3D造形物をより効率的に作成するために、実物の立体画像が取り込める3Dスキャナーや実物の形状確認が行える多種多様な3Dプリンターを活用し、 物理モデルを素早く簡単かつ低コストで作成することができます。

製造業においては、製品の市場投入を早める支援ができ、企業競争力を高めます。

設計から製造工程での手戻りを最小限にして
より正確に、より早く、製品をリリースしたい

3DCADで設計を行うことにより、製造工程で初めて分かるトラブルが、設計段階で察知できます。
また、作回数を低減できるので、製品リリースのスピードアップに貢献できます。

試作に時間がかかり過ぎている
製品開発のリードタイムを低減したい

3Dプリンターは、3DCADソフトから物理モデルを素早く、簡単かつ低コストで作成できます。特に製造業において、商品の市場投入を早めることは企業競争力を高めます。3Dプリンターで物理モデルを造形することによりQ(Quality):品質向上、C(Cost):コスト削減、D(Delivery):納期短縮 を支援します。

試作(機構確認)
可動域のある製品の動作検証・確認や、パーツのかん合の確認に利用されています。機械部品などのさまざまな試作に活用が可能です。
デザインレビュー(モックアップ)
製品を手に持った感覚を確認したり、外観のイメージや構造等の確認にも使用ができます。デザインのプレゼンテーションでも活用されています。

現物はあるが、図面が無い/少し手を加えて、新しいモノを造りたい

3Dスキャナーはさまざまなリアル形状を簡単にデジタル3Dモデルとしてキャプチャーすることができます。3Dプリンターで造形する際の元データを作ることが可能です。
製品先行イメージとして作られたクレイモデルや、既に現物のある製品などの形状データを測定し、それをもとにCADデータを作成することにより、3Dデータ化の作業効率をUPします。

取り扱いソリューション

関連情報

製造業についてのご相談・お問い合わせ

導入にあたってのご相談、資料請求、見積依頼など、各種お問い合わせは下記フォームにて受け付けております。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

ウェブサイトからのお問い合わせ