RA-532H|拡散度vs.従来の像鮮明指標表面反射アナライザー

キヤノン指標 照明角度 代替可能規格
C20 20° DOI(ASTM D5767)
C60 60° 写像性(JIS K7374)

C20とDOI(ASTM D5767)の関係

  • 像鮮明性の高い光沢塗装面はC20 1~10間で評価可能。
  • マット塗装などの拡散面の表面はC20 100~1000間で評価可能。
  • DOIはC20 100付近までが測定領域
  • C20はマット紙、マット塗装の評価も可能。

C60とJIS写像性(JIS K 7374)の関係

  • JIS写像性では光沢塗装の一部のみ評価可能。
    =JIS写像性は対象を限定した指標である。

表面反射アナライザーについてのご相談、お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 産業機器事業部 第二営業本部 営業部 営業第二課

表面反射アナライザーについてのご相談、お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

※年末年始弊社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ