パソコンなんでもQ&A 10月号PowerPoint:スライドのサイズを変更したい

なんでもパソコン QandA

プレゼンテーションやプロジェクター投影のためにPowerPointで資料を作るケースが多いです。資料を見て頂く相手や、発表の状況/環境に応じて、スライドサイズの「標準」または「ワイド画面」をどのように選択・設定すれば良いのでしょう?

Question

PowerPointで資料を作成する際、スライドのサイズを選ぶことができます。状況によって適したスライドサイズは
異なりますので、それぞれのサイズの選び方や操作・設定方法をご案内します。

Answer

  • 1.
    「デザイン」タブを選択し、「ユーザー設定」のメニューから「スライドのサイズ」をクリックします。
  • 2.
    スライドのサイズを選択するメニューが表示されるので、「標準(4:3)」または「ワイド画面(16:9)」を選択します。
  • 3.
    スライドサイズを変更した場合の「コンテンツ(表・図形など)」のサイズ調整に関するダイアログが表示されます。
       必要に応じて【最大化】または【サイズに合わせて調整】のいずれかを選択します。
    【最大化】 を選んだ場合
    スライド上のコンテンツ (表・図形など)が大きい場合、縮小されずに維持されます。文字フォントのサイズは縮小されますが、表・図形などはスライドからはみ出す形になります。必要に応じてサイズの調整が必要です。
    【サイズに合わせて調整】 を選んだ場合
    スライド上のコンテンツ (表、図形など)がスライドの枠内に収まるように縮小されます。文字は各フォントのサイズに応じて縮小され、同様に画像や表・グラフなどのコンテンツも、それぞれの比率を保って縮小されます。
  • 4.
    選択したスライドサイズに応じて、それぞれ「標準(4:3)」「ワイド画面(16:9)」サイズが設定されました。
    「標準(4:3)」
    以前は標準とされていたサイズですが、プロジェクタースクリーン:ワイドサイズで投影した場合、左右に黒い枠が表示されるので、作成/使用の際には注意が必要です。
    「ワイド画面(16:9)」
    プロジェクターの投影に適したサイズです。プレゼンテーションや講演では、このワイドサイズが良い場合が多いので、条件等を確認した上で、このサイズで制作すると良いでしょう。

以上で操作は完了です。

お役立ち情報

  • ITサポートコールセンターイメージ
    保守運用サービス
    保守運用サービスにご加入頂くと、お電話やリモートでの操作案内も可能です。
  • オンラインセミナー イメージ
    オンラインセミナー
    業務が楽になる、PCの操作テクニックをお伝えするオンラインセミナーも開催しております。