パソコンなんでもQ&A 7月号Outlook:BCCを常に表示させたい

なんでもパソコン QandA

メールを送信する際、[宛先]や[CC]欄に入力したメールアドレスは、送信者全員に見えてしまいます。Outlookには[BCC]という便利な機能があり、他の送信者に特定のアドレスを伏せてメールを送ることができます。

Question

Outlookには、特定のアドレスを[宛先][CC]欄に入力した送信相手に知られないようメールを送ることができる、[BCC]というアドレス入力箇所があります。便利な機能ですが、初期設定では[BCC]は表示されていません。新メール作成時にはいつも[BCC]欄が表示され、使用できるよう設定をご案内します。

Answer

  • 1.
    リボンから「ホーム」タブをクリックし、[新規作成]グループから「新しいメール」をクリックします。
    新しくメールを作成する「メッセージ」ウィンドウが表示されます。
    イメージ:新規作成 マウスカーソルを乗せると説明が表示されます
    イメージ:メッセージウィンドウ
  • 2.
    リボンから「オプション」タブをクリックし、次に[表示フィールドの選択]グループの「BCC」をクリックします。
    イメージ:オプション マウスカーソルを乗せると説明が表示されます
  • 3.
    次回から新しいメール作成時には、常にBCC欄が表示されるようになりました。
    イメージ:常時BCCが表示

    以上で操作は完了です。

【補足】「BCC」とはどういった意味なのでしょう?また、具体的な用途は?

「BCC」とは『Blind Carbon Copy(ブラインド・カーボン・コピー)』の略語で、基本的な機能は「CC」と同様の複写送信です。「CC」との大きな違いは、「BCC」欄に入力されたメールアドレスは「TO」「CC」に指定されたアドレスの人からは見えない、という点です。「TO・CCに指定した人に隠したいアドレスがある場合」「不特定多数の人にメールを送りたい場合」などに利用されます。具体的によく使われるケースとしましては『取引先へのメールを念のため上司にも送りたいとき、上司のアドレスをBCCに設定する』などがあります。

お役立ち情報

  • ITサポートコールセンターイメージ
    IT保守サービス
    IT保守サービスにご加入頂くと、お電話やリモートでの操作案内も可能です。
  • オンラインセミナー イメージ
    オンラインセミナー
    業務が楽になる、PCの操作テクニックをお伝えするオンラインセミナーも開催しております。