TriLambda|概要ナノX線CT顕微鏡

超高分解能、マルチX線エネルギー対応 ナノX線CT顕微鏡 TriLambda

基本情報

TriLambda
装置名
TriLambda-40

商品概要

Sigray社のナノX線CT顕微鏡“TriLambda”は、特許取得済の高輝度マルチターゲットX線源と放射光施設で培ったX線光学技術を備え、ラボにおける最先端イメージング装置です。業界最高レベル、40ナノメートルの空間分解能とマルチX線エネルギー(2.7keV/5.4keV/6.4keV/8.0keV/9.7keV等)に対応し、広範囲材料を高コントラストで可視化が可能です。

おもな特長

TriLambda

  • 非破壊3次元イメージングにより、同一サンプルを異なる条件下で繰り返し測定が可能
  • 最大80マイクロメートルの観察視野での測定が可能
  • X線吸収コントラストモードとゼルニケ位相コントラストモードを搭載
  • マルチX線エネルギー(2.7keV/5.4keV/6.4keV/8.0keV/9.7keV等切替え可)により、幅広い材料の可視化に対応
  • ツイン放物面ミラーコンデンサーにより、楕円面タイプに比べ広い観察視野で均一な焦点輝度
  • 新設計のゼルニケ位相リングにより、ハローアーティファクトを抑制
  • X線エネルギー(8.0keV)

X線分析装置のお問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 産業機器事業部 第二営業本部 計測分析機器部 分析機器課

X線分析装置についてのご相談、お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 9時00分~17時00分

※土日祝日・当社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ