PrismaXRM|概要マイクロX線CT顕微鏡

多彩なコントラストで、イメージングの常識を超越 マイクロX線CT顕微鏡 PrismaXRM

基本情報

装置名
PrismaXRM

商品概要

Sigray社のマイクロX線CT顕微鏡“PrismaXRM”は、特許取得済の高輝度微細構造ターゲットX線源と放射光施設で培ったX線光学技術を備えた最先端イメージング装置です。高分解能吸収コントラストCTに加えて、独自のタルボ・ロー干渉計を用いて、広視野で、吸収像・位相像・暗視野像(散乱像)の取得が可能です。

おもな特長

PrismaXRM

  • トライ・コントラストモードと高分解能モードを搭載
  • 独自のタルボ・ロー干渉計を用いることにより、トライ・コントラスト像を取得することが可能
  • Quantitative Phase™コントラスト:屈折率から密度定量値が得られる新しい位相コントラスト
  • Subresolution Darkfield™コントラスト:吸収コントラストでは検出が難しい微小き裂やボイドが可視化可能なサブミクロン分解能の暗視野コントラスト
  • 長いワーキングディスタンス、サブミクロン分解能の吸収コントラスト・イメージング

アプリケーション例

  • 半導体デバイス
  • 複合材料(CMC、CFRP)
  • 電池材料
  • ソフトマター

関連情報

X線分析装置のお問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 産業機器事業部 第二営業本部 計測分析機器部 分析機器課

X線分析装置についてのご相談、お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 9時00分~17時00分

※土日祝日・当社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ