非接触測長計|設置・測定

設置方法

設置時の注意1:測定方向

底面

PD-704の底面のSCAN方向を確認し、測定対象物の移動方向と一致するように設置してください。

設置時の注意2:測定距離

センサー端面~測定対象面の距離を70mm(±15mm)離して設置してください。

  • 本体の最も外側の部分

Tips!

測定距離調整工具(オプション)を使用することで容易に設置が可能です。

1. 測定距離調整工具を照射部に装着します。
2. 光束が一つになる位置で設置します。
3. 光束が一つになった位置が70mmになります。

PCとの接続と起動

  • パラメータ変更、PCアプリで測定や分析する際に使用します。
USBコネクタ部にUSBケーブル(別売)を接続します。
その後、PCと接続し、アプリを起動します。
お客さま用意のDC電源をONにすることで装置が起動します。
アプリ内の測定開始ボタンを押すとLEDが照射され、測定を開始します。

ランプについて

装置の状態によってランプの点灯が変化します。

1.装置起動時

電源をONにした際、一時的にPOWERランプとSTATUSランプが点灯します。一定時間経つとPOWERランプのみが点灯した状態になります。

2.ワーニング発生時

ワーニング発生時、STATUSランプが点滅します。ソフトウェアを用いてワーニング内容を確認してください。
測定可能な状態になればSTATUSランプの点滅は消えます。

ワーニングについて

測定値に異常が発生した場合、または温度が動作温度の上限/下限に近付いている場合にワーニングが発生します。ワーニング発生時でも測定は継続しますが、測定値異常の場合には適切に測定できていない可能性があります。ワーニングが発生する事象から復帰した際には、一定時間経過後にステータスバー(アプリ上部)の表示が自動的に通常時に戻ります。

通常時
ワーニング発生時

主なワーニング

アプリを使用して測定した場合、測定終了後にワーニング内容を確認することができます※1
下記ワーニングが発生した場合は、測定モード変更により回避可能な場合がございます※2

測定物の速度が仕様を超えている可能性があります。
もしくは、測定方向に対して垂直方向の振動が許容値を超えている可能性があります。
0x00000200:MEASUREMENT WARNING
測定物が正しく設置されていません。
また、測定物のコントラストが小さいです。
0x02000000:NO TARGET WARNING
測定物の反射率が高いです。
0x04000000:LIGHT WARNING(HIGH)
測定物の反射率が低いです。
0x08000000:LIGHT WARNING(LOW)
  • ※1.
    ワーニング内容は測定終了後に纏めて表示されます。
    また測定開始から終了の間に一度でもワーニングが発生した場合、必ず表示されます。
  • ※2.
    各測定モードについては 「モード機能について」 を参照下さい。

モード機能について

測定対象物や環境に応じて、モードを変更いただくことで、正確な測定が可能になる場合がございます。
モード0で測定した際に下記のワーニングが表示された場合、表示内容に応じてモード変更をお試しください。
モードの設定は付属アプリの“パラメータ設定”画面から変更可能です。

0x00000200:MEASUREMENT WARNING 対象物が進行方向に対して垂直振動 or 斜めの動き(スパイラル搬送等)>モード1
0x04000000:LIGHT WARNING(HIGH) 対象物の反射率が高い(光沢のある鋼板等)>モード2
0x02000000:NO TARGET WARNING または 0x08000000:LIGHT WARNING(LOW) 対象物の反射率が低い(黒ゴムや黒チューブ等)>モード3
0x00000200:MEASUREMENT WARNING 0x04000000:LIGHT WARNING(HIGH) 反射率の高い対象物が進行方向に対して垂直振動 or 斜めの動き >モード4
0x00000200:MEASUREMENT WARNING 0x02000000:NO TARGET WARNING または 0x00000200:MEASUREMENT WARNING 0x08000000:LIGHT WARNING(LOW) 反射率の低い対象物が進行方向に対して垂直振動 or 斜めの動き >モード5

非接触測長計のお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 9時00分~17時00分

※土日祝日・当社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ