このページの本文へ

ESET Server Security(サーバー セキュリティ)

特長

ESET Server Security for Linux / Windows Serverは、 Windowsサーバー用プログラムとLinuxサーバー用プログラムを選択して利用可能なマルチプラットフォーム対応のウイルス・スパイウェア対策製品です。利用環境に合わせてご導入いただけます。

※本製品は、ESET File Security for Linux / Windows Serverの後継製品です。

Windows Server / Linuxどちらにも使える。仮想環境にも対応!

WindowsサーバーOSやRed Hat、CentOS、SUSEなどのLinux環境のいずれかで利用できる1ライセンスの製品です。さらに、仮想環境にも対応。あらゆる環境でビジネスの効率を向上させます。

  • 事前に十分な検証の上でご利用をお願いします。

クラウド環境にも対応!

クラウドコンピューティング環境においても、オンプレミス環境と同様にご利用いただけます。

  • 事前に十分な検証の上でご利用をお願いします。

より詳しくESETの強みについて知りたい方

機能一覧

ESET Server Security を適用するプラットフォームに応じてインストールするプログラムを選択します。

Windows Server 向け

サーバーOS向けウイルス・スパイウェア対策プログラム(ESET Server Security for Microsoft Windows Server)

ウイルス・スパイウェア対策

フィッシングサイト(パスワードやその他の機密情報を取得することを目的とした、正規のサイトを偽装した悪意のあるWebサイト)へ誘導する有害なメールを検出し、フィッシングサイトへのアクセスを防止します。

  • リアルタイム保護(常駐検査)
  • 新種・亜種のマルウェアの検出(ヒューリスティック技術)
  • 機械学習保護
  • 検査の除外機能
  • 駆除レベル設定
  • HIPS機能
  • 外部デバイスの検査
  • エクスプロイトブロック
  • アドバンストメモリースキャナー
  • UEFIスキャナー
  • ランサムウェア保護
  • ESET LiveGrid
  • サーバー保護機能(検査の自動除外機能)
フィッシング対策

フィッシングサイト(パスワードやその他の機密情報を取得することを目的とした、正規のサイトを偽装した悪意のあるWebサイト)へ誘導する有害なメールを検出し、フィッシングサイトへのアクセスを防止します。

デバイスコントロール

USBメモリーやCD/DVDなどの光学式メディアからのマルウェア感染防止として、各種外部デバイスへのアクセスを制御します。 ルールの適用時間を設定することも可能です(タイムスロット機能)。

ネットワーク保護

IPv6対応のファイアウォール機能により、ネットワークトラフィックを指定したフィルタリングルールに基づいて制御(許可・拒否)します。
また、ネットワーク攻撃保護機能としてボットネット保護やIDS機能を搭載し、ネットワークトラフィックの内容を分析して脅威(DNSポイズニング攻撃、ポートスキャン攻撃など)と判定したものをブロックします。

  • ファイアウォール
  • ボットネット保護
  • IDS機能
  • バルナラビリティ シールド
  • 「ESET PROTECT Essential オンプレミス」「ESET PROTECT Essential Plus オンプレミス」「ESET PROTECT Essential クラウド」とサーバー専用製品の「ESET Server Security for Microsoft Windows Server」ではご利用いただけません。
その他の機能

Windows Updateの適用を促すための通知機能や、プレゼンテーション中のポップアップ通知を一時的に停止する機能などを搭載しています。また、コマンドラインでの設定も可能です。

  • Windows更新プログラム適用通知
  • プレゼンテーションモード
  • ロールバック機能
  • クラスタ機能
  • コマンドラインインターフェース
  • 自動アップデート

Linux Server 向け

サーバーOS向けウイルス・スパイウェア対策プログラム(ESET Server Security for Linux)

ウイルス・スパイウェア対策

遺伝子技術を応用したヒューリスティック技術で、既知のマルウェアだけでなく、新種・亜種のマルウェアも検出します。

  • リアルタイム保護(常駐検査)
  • 新種・亜種のマルウェアの検出(ヒューリスティック技術)
  • ESET LiveGrid
  • 検査の除外機能
  • 駆除レベル設定
その他の機能

Webブラウザーから設定画面にアクセスすることができます。また、コマンドラインでの設定も可能です。

  • Webインターフェース(日本語対応)
  • コマンドラインインターフェース
  • ロールバック機能
  • SELinux対応
  • ICAP検査

動作環境

クライアントOS:Windows/Mac/Linux/Android
サーバーOS:Windows/Linux 

  •  本製品には、機能・OSごとに異なる複数のプログラムが存在します。詳しくは、「機能紹介」のページにてご確認ください。

Windows Server 向け

サーバーOS向けウイルス・スパイウェア対策プログラム(ESET Server Security for Microsoft Windows Server)

対応OS/CPU/メモリ/HD/その他
OS

日本語 Microsoft

  • Windows Server 2012 Essentials
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Essentials
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2016 Essentials※1
  • Windows Server 2016 Standard※1
  • Windows Server 2016 Datacenter※1
  • Windows Server 2019 Essentials※1
  • Windows Server 2019 Standard※1
  • Windows Server 2019 Datacenter※1
  • Windows Server 2022 Standard
  • Windows Server 2022 Datacenter
  • Windows Server 2022 Datacenter: Azure edition※2
  • Windows Server 2022 Essential
  • Windows Storage Server 2012 Workgroup Edition
  • Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup Edition
  • Windows Storage Server 2012 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2012 R2 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
仮想環境
  • VMware ESX/ESXi
  • Windows Server 2012 Hyper-V
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V
  • Windows Server 2019 Hyper-V
  • Windows Server 2022 Hyper-V
クラウドコンピューティング環境
  • Amazon Web Services
CPU Intelプロセッサ / AMD 64bitプロセッサ
メモリ 256 MBの空きメモリ
ハードディスク 700MB以上の空き容量(推奨:1GB以上)
ディスプレイ Super VGA(800×600)以上
  • ※1
    Windows Server 2016 / Windows Server 2019のインストールオプションのNano Serverには対応していません。
  • ※2
    当社が公開するインストーラーでのインストールのみサポートしております。AzurePortal Markerplaceからダウンロードする製品はサポート対象外となります。

Linux Server 向け

サーバーOS向けウイルス・スパイウェア対策プログラム(ESET Server Security for Linux)

対応OS/CPU/メモリ/HD/その他
OS※1
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Red Hat Enterprise Linux 8
  • Red Hat Enterprise Linux 9
  • SUSE Linux Enterprise 15
  • Alma Linux 8
  • Alma Linux 9
  • CentOS 7
  • Amazon Linux 2
  • Rocky Linux 8
  • Rocky Linux 9
仮想環境
  • VMware ESX/ESXi
  • Windows Server 2012 Hyper-V
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V
  • Windows Server 2019 Hyper-V
  • Windows Server 2022 Hyper-V
クラウドコンピューティング環境
  • Amazon Web Services
CPU Intelプロセッサ / AMD 64bitプロセッサ
メモリ 2GBの空きメモリ
ハードディスク 700MB以上
必要ソフトウェア
  • kernel 3.10.0-514以降またはkernel4.18.0-80以降のバージョン
  • kernel 4.14.231-173.360以降のバージョン(Amazon Linuxの場合)
  • glibc 2.17以降のバージョン
  • elfutils-libelf-devel(RHEL8, Amazon Linux2のみ必要)
  • libselinux(RHEL, CentOS, Amazon Linux2のみ必要。最新パッケージを利用)
  • selinux-policy-devel(SELinux有効で利用)
  • en-US.UTF-8エンコーディングロケール

※ なお、OSリポジトリに接続できない場合は、以下のパッケージが必要です。

  • openssl
  • kernel-devel
  • gcc
  • perl
  • kernel-headers(RHEL, CentOS, Amazon Linux2のみ必要)
  • kernel-default-devel(SUSE Linuxのみ必要)
  • kernel-macros(SUSE Linuxのみ必要)
  • linux-glibc-devel(SUSE Linuxのみ必要)
  • ※1
    サポートする各ディストリビューションは、合計2つのメジャーバージョン(最新バージョンと1つ前のバージョン)を原則とします。
    また1つのメジャーバージョンの中に複数のマイナーバージョンが存在する場合は、常に最新のマイナーバージョンをサポートします。
    詳細はこちらの各製品向けのライフサイクルポリシーをご確認ください。

注意事項

  • 本製品には1年間のプログラムおよび検出エンジンのアップデート権利が付属しています。インターネットを通じていつでも最新のセキュリティ状態を保つことができます。(1年間ご利用後の更新手続きにつきましては、「ESET Server Securityの価格・購入方法」をご覧ください。)
  • パソコン1台につき、1ライセンスが必要です。
  • 他社製ウイルス対策ソフトとの併用は、トラブルの原因となりますので、サポート対象外とさせていただきます。
  • Windows Server 2008上でご利用になる場合、アドミニストレータ(管理者)権限にてインストールしてください。
  • Linux上でご利用になる場合、root権限(スーパーユーザー)にてインストールしてください。
  • 本製品は、メーカーのサポートが終了したOSでもご利用になれますが、できる限りセキュリティ対策が施された新しいOSへアップデートしていただくことを強く推奨します。
  • 64bit CPUに32bit OSをインストールしている場合は、32bit版プログラムがインストールされます。
  • 一部のメールサーバーおよびアプリケーションサーバーの環境によっては、除外設定が必要な場合があります。
  • 各社のクラスタ環境での使用はサポート対象外とさせていただきます。
  • 関連したよくある質問につきましては、「サポート情報」のページをご覧ください。
  • 本製品の導入を検討される際は、「サポート情報」のページもあわせてご確認ください。

価格・購入方法

新規購入

製品名 ESET Server Security for Linux / Windows Server 新規
ご利用台数 1台
ご利用年数 1年間
価格 23,000円(税込25,300円)
商品形態 パッケージ製品 ダウンロード製品
ご購入
製品名 ESET Server Security for Linux / Windows Server 5年1ライセンス
ご利用台数 1台
ご利用年数 5年間
価格 69,000円(税込75,900円)
商品形態 パッケージ製品
ご購入

更新

製品名 ESET Server Security for Linux / Windows Server 更新
ご利用台数 1台
ご利用年数 1年間
価格 11,500円(税込12,650円)
商品形態 パッケージ製品 ダウンロード製品
ご購入
  • パッケージ製品とダウンロード製品では、プログラムの提供方法やプログラムの機能に違いはありません。
    主な違いは、ライセンス情報のご案内方法になります。パッケージ製品では印刷物(購入コードのご案内・サポートサービスについて・ご利用までの流れ)、ダウンロード製品ではメールでのご案内となります。
  • プログラムおよびマニュアルはダウンロードする必要があります。
  • CD-ROMおよびマニュアルのオプション販売はございません。
  • セキュリティ管理ツール(ESET PROTECT on-prem)は、ご利用いただけません。

パッケージ製品の内容物

  • 購入コードのご案内
  • サポートサービスについて
  • ご利用までの流れ

補足事項

  • 本製品は、個人のお客さまもご購入いただけます。
  • 本製品は、「情報取得機能」「クライアント管理機能」「ミラー機能」をご利用いただけません。
  • 本製品(サポートサービス契約期間内)には、プログラムおよび検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデート権利が付属しています。
  • 複数本必要な場合は、インストール台数分、お求めください。
    • クライアントおよびサーバーOSへの導入が6台以上の場合は、ライセンス製品をお求めください。
    • 本製品を新規に2ライセンス以上、お求めの場合は、ESET PROTECT Essential オンプレミス(旧名称:ESET Endpoint Protection Standard)を6ライセンスお求めいただいたほうが安くなります。詳しくは、「ESET PROTECT Essential オンプレミス」のページをご参照ください。
  • 仮想サーバー環境においては、ESET ライセンス製品をインストールする仮想OS(ゲストOS)数でカウントいたします。 Hyper-VのホストOSへESET ライセンス製品をインストールする場合は1ライセンスを追加でカウントいたします。
  • サポートサービス契約期間(有効期限含む)が終了している製品を、再開される場合は、ユーザー登録後、ご利用までに1日程度時間を要します。
  • 複数年契約について
    • 新規購入の場合:
      新規製品と同時に更新製品を複数本ご購入いただくことで最大4年 までサポートサービス契約を締結いただけます。
      新規ユーザー登録後、更新手続きを実施いただく必要があります。
    • 更新の場合:
      新規製品と同時に更新製品を複数本ご購入いただくことで最大4年 までサポートサービス契約を締結いただけます。
      新規ユーザー登録後、更新手続きを実施いただく必要があります。