病院情報システム一式の導入病院情報システム(目安:200床~)

医療情報システムは、電子カルテシステムなどの基幹システムに、さまざまな部門システムを組み合わせてシステムを構築します。部門システムは電子カルテメーカーが提供するものから、部門専門のメーカーが提供するものがあります。キヤノンITSメディカルでは、マルチベンダーとして最適なシステムを組み合わせて構築することができます。

対象施設
病院
電子カルテ オーダリング 看護

幅広いお客様のニーズに応えるためさまざまな病院向け医療情報システムを用意しています

超高齢社会を迎え、それに伴う医療制度改革による診療報酬の改定など、病院は経営を左右するさまざまな問題を抱えています。特に医師不足や看護師不足などの問題には明確な打開策は少なく、医療スタッフの作業効率化を進めて、作業負荷を軽減することが重要です。

キヤノンITSメディカルでは、メーカーにとらわれないマルチベンダーとして選定・構築が可能な製品を豊富に用意。従来の医療事務システムから脱却し、安全かつ効率的に病院経営をマネジメントするため、電子カルテを中心とした医療情報システムの導入を支援いたします。

ソリューションの特長

幅広いニーズに応える豊富な製品ラインアップ

幅広いお客様のニーズに応えるため、さまざまな病院向け医療情報システムを取りそろえています。マルチベンダーの利点を活かして、メーカーにこだわらない製品選定による最適なソリューションを提案します。

導入力・トータルコーディネート力

各部門の要望を取りまとめ、マルチベンダーの利点を活かした、最適なソリューションを提案します。また、お客様視点でのシステム設計を得意とし、ニーズを踏まえたカスタマイズを実施。計画・設計から実際のシステム稼働まで、全体を見据えたプロジェクト管理をおこないます。

サポート体制

キヤノンITSメディカルは、問題発生時に起こるお問い合わせの「たらい回し」など、お客様のさまざまな不安解消のため、どんな内容のお問い合わせでも、責任を持って1次対応をおこないます。

ソリューションの内容・対応範囲

電子カルテ、オーダリング、看護を中心に医事会計、放射線、PACS、検体検査、生理検査、手術、透析、給食、調剤、DWH、その他も対応。

多数のシステムを内包

医療情報システムをはじめ、多数の製品の提案・構築・運用に対応しています。

インフラ・基盤サポート

サーバーやネットワークの準備など、インフラやシステム基盤の構築まで。各専門メーカーとアライアンスを組んで、最適な構成での提供をおこなっています。

PrimeKarte

使いやすさ

操作ミスの抑制と操作性向上(短い操作)によるレスポンス向上に寄与します。

機能画面単位に表示位置や表示条件の設定が可能

機能画面単位に、表示位置(中央・右面・下面)、表示時の左面・右面・下面タブの表示条件や幅・高さを任意に設定できます。

システムメイン画面の中央に診療予定画面、右面にSOAP画面があります。左面タブでは、何もしない、最小化する、表示する、支持歴を表示、セット選択を表示、カルテを表示、サマリを表示等ができます。右面タブ・下面タブでは、何もしない、最小化する、表示する、といった機能を使うことができます。左右下面タブでは、幅、高さの指定ができます。

画面全体の背景色の指定が可能

カラースタイル設定により、10色の画面の背景色の設定ができます。

  • 職種(医師、看護師、コメディカル、個人等)により色分けをするなど、どの職種・個人の方が使用しているかがわかります。

良好なレスポンス

レスポンス保証を目的に技術的対策により医療サービスの品質向上に寄与します。

パフォーマンスの向上 アプリケーション ①パフォーマンス向上の為のSQL記述 ※バインド化・バインド配列の導入 ②チェック機能のサーバ集約 ③データ一時保存機能の導入 データベース構造 ①非正規化の導入 ②頻繁に使用するデータの独立化 ③大量データ格納の基本分割 部門システムとの連携処理 ①データ連携処理の合理化 ②頻繁に使用するデータの独立化 ③不要なデータの定期的削除 問題・課題 処理速度が遅い、業務効率が悪くなる、患者も不満、病院の信頼感が減退 医療サービスの品質向上 患者 診察待ち時間の短縮、医師からの診療結果や検査結果等の説明の効率化 医師・職員 ストレスを感じさせることのない環境を提供

業界標準化対応

SS-MIX 標準・拡張ストレージ出力

『PrimeKarte』は、標準マスタ(厚生労働省規格に準拠)を実装し、SS-MIX 標準・拡張ストレージ出力Ver. 1.2C、診療情報提供書CD(HL7 CDA R2)・電子診療データCD作成およびSS-MIX配布アプリアーカイブビューア対応を標準装備しており、地域医療連携システムと容易に接続が可能です。
地域連携クリニカルパスの利用や大規模災害時の医療連携を推進するなど、地域医療水準の向上に寄与します。

「地域完結型医療」をICTを通じて支援します(切れ目なき医療の提供に貢献) 【地域医療の連携機能】とは、院内のPrimeKarte 電子カルテサーバから連携ゲイトウェイサーバへHL7 Ver 2.5を経由して情報を送ります。患者基本情報、処方情報、検体検査結果は標準化しながらSS-MIX2ストレージ内の標準化ストレージへ送られ、DICOM・その他は拡張ストレージへ送られます。これらの情報はビジネスVPN or 地域IP網を伝いながら地域医療連携センターへ送られ、診療所、急性期病院、リハビリ病院、中核病院などを含む広域地域医療ネットワークへ送られます。

PrimeKarte 概略図

統合型電子カルテシステム『PrimeKarte』と『Prime』シリーズ。

統合型電子カルテシステム PrimeKarte オーダ(病名、予約、処方、注射、処置、化学療法、服薬指導、他科依頼、病診連携、医療相談、臨床心理、指導課、検体検査、細菌検査、病理検査、生理検査、輸血、放射線、内視鏡、入退院、手術、リハビリ、療育、児童精神、行動制限、食事、栄養指導、NST依頼、透析、デイケア、精神訪問看護、POT(作業療法)、PCT(緩和ケア)、入院指示) 電子カルテ(患者プロフィール、プロブレム、プログレスノート、初診・入院時カルテ、退院サマリ、文書作成、症状詳記、インフォームドコンセント、クリニカルパス、検査歴、カルテ参照、マトリクス) ツール等(紙文書取込、代行入力確認、ToDo、院内メール、付箋、掲示板、ネットワークドキュメント) 看護支援(病床管理、看護プロフィール、看護計画、看護診断、看護必要度、転倒転落、褥瘡管理、体温表、指示受け、ワークシート、医療安全管理、看護サマリ) その他(セット登録、スタンプ機能、テンプレート作成、薬歴、診療支援、救命救急、相談記録) 部門支援システム(病診連携、調剤連携、服薬指導、検体検査、細菌検査、病理検査、輸血、生理検査、臨床心理検査、放射線、内視鏡、リハビリ、手術、透析、NSTシステム、インシデント管理、POT(作業療法)、PCT(緩和ケア)、デイケア、栄養指導、児童精神、食事、精神訪問看護、療育) 標準化&拡張ストレージ(SS-MIX HL7Ver2.5)スマートデバイス向け電子カルテ PrimeKarte Touch 患者向け診療情報参照システム PrimeKarte MARCS 医療用文書電子化ソリューション PrimeReport 地域連携支援システム PrimeArch 診察番号表示システム PrimeSign 凡例:オプション機能

関連ソリューション・製品

第一ソリューション本部(東京)

キヤノンITSメディカル株式会社 

商品・サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9:00~17:00

土・日・祝日・年末年始は除く

ウェブサイトからのお問い合わせ