パッケージ型電子カルテシステムの導入電子カルテシステム(目安:~300床)

キヤノンITSメディカルでは、パッケージ型電子カルテシステムとして「HOPE LifeMark-MX」をはじめとする、富士通の製品を主に取り扱っています。国内の中堅規模病院の市場でトップシェアを誇る富士通が、これまで蓄積してきたノウハウを基に開発した電子カルテシステムが「HOPE LifeMark-MX」です。また、クラウドサービスに対応した「HOPE Cloud Chart」の提供もおこなっています。

対象施設
病院
電子カルテ パッケージ

高機能と使いやすさ・導入しやすさを兼ね備えたパッケージ型電子カルテシステムの提供で、地域一体化医療の実現に向けたICT化を強力にサポートします。

HOPE LifeMark-MX

高機能の追求

統合型電子カルテ「HOPE LifeMark-MX」が、チーム医療を推進します。

  • カルテ・オーダー・看護の機能を一体化し、記載内容をリアルタイムで1つのカルテに反映します
  • すべての記録を時系列で表示して、情報共有を促進します
紙カルテでは… ・カルテ待ちが発生している・必要なとき、すぐに見られない・カルテや伝票が届いていないと会計ができない・会計待ちが発生している・入院時の記録が分からない・他の診療科の指示が分からない 連携型システムでは… ・最初に開いた利用者のみ入力が可能・2人目以降は参照のみ、または開くことができない・医師の記録を見る場合は、別のシステムを利用・実施の入力が各システムで発生し、二度手間となっている HOPE LifeMark-MX ・同一患者を別端末で利用可能!・他利用者の新規オーダーを発行可能!・他利用者のプログレスシートに記載可能! HOPE LifeMark-MXでは… ・電子カルテ端末でいつでも参照可能・同時に新規入力が可能(他科での診察時など)・他の診療科での指示が確認可能・処方など、他診療科とのチェックが可能・外来、入院、他診療科を確認可能・会計待ちが減少…など

使いやすさの追求

利用者の思考や医療行為の流れに則したユーザーインタフェースにより、システムの使いやすさ向上を実現しています。

  • 診療録の多彩な入力表現の実現や表示のHTML化など。カルテの入力方法や表示方法の工夫により、患者の状態をひと目で見渡せます
  • ナビゲーターからの情報検索や付箋機能など。直感的な操作で、簡単に必要な情報へアクセスできます
  • 利用者ごとのお気に入りボタンやナビゲーションマップなど。最小限の操作で、診療録の入力やオーダー発行が可能です
	基本画面 HTML化 患者基本情報バー ナビゲーター 付箋機能 マーキング情報の迅速な検索 患者切り替え機能 最近使ったツール 利用者毎のお気に入りボタン 多彩な文字 修飾機能 ユニバーサルデザインに基づいた「優しいユーザインタフェース」(業務効率の向上 ヒューマンエラーの防止 疲労の軽減)

導入しやすさの追求

簡単にマスターのメンテナンスができます。

  • マスターのメンテナンスを容易に実現できるようにしたことで、システム管理の煩わしさを大きく削減します。例えば、レイアウトの異なる病棟マップなどが、専門技術者不在でも簡単に作成できます

HOPE Cloud Chart

クラウドへの取り組み

こちらは「HOPE Cloud Chart」でクラウド化したときのシステムイメージです。ハードウェアは全病院で共有化しますが、仮想ネットワークと仮想OS単位で病院環境を分割する構成により、他病院のデータに誤ってアクセスすることがありません。

また、高度なセキュリティー網(専用線)を使用し、病院とデータセンター間の通信内容を暗号化します。

病院内の「部門サーバー」や「連携・資源管理サーバー」、「部門端末」、「電子カルテ端末」とクラウドデータセンターの「電子カルテサーバー・医事会計サーバー」とを高度なセキュリティー網(専用線)を使用して通信します。サーバー、ネットワークの状況は「センター監視・サービスデスク」で監視を行います。

関連ソリューション・製品

第一ソリューション本部(東京)

キヤノンITSメディカル株式会社 

商品・サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9:00~17:00

土・日・祝日・年末年始は除く

ウェブサイトからのお問い合わせ