イメージング耐衝撃保護等級のIK10とは?IKコードの規格を解説

屋外に防犯カメラ(監視カメラ・ネットワークカメラ)を設置する場合、防塵防水性能と耐衝撃性能が大切です。防犯カメラの仕様に記載されている「IK10」や「IK09」とは、IEC(国際電気標準会議)で定められた62262で規定されている電気機器筐体の耐衝撃性能を表す保護等級のこと。IKの後に続く数字が耐衝撃性能を表しています。IK10は、40cmの高さから落ちる5kgの衝撃に耐えられることを示します。
ここでは、耐衝撃保護等級のIKコードの規格を解説します。



IK10とは

IK10(耐衝撃保護等級)とは

「IK10」とは、IEC(国際電気標準会議)で定められた62262で規定されている電気機器筐体の耐衝撃性能を表す保護等級のこと。「IK」の後に続く数字が耐衝撃性能を表しています。IK10は、40cmの高さから落ちる5kgの衝撃に耐えられる仕様を示します。

IK10の実力は映像で見るとよくわかります。

剛性に優れたポリカーボネード製ドームを採用し、高い耐衝撃性能を実現。ドームへの破壊行為が想定されるシーンに有効。

耐衝撃保護等級のIKコード規格

IEC(国際電気標準会議)62262で規定されている電気機器筐体の耐衝撃性能を表す保護等級は、「IK」と呼ばれるコードで表します。耐衝撃試験では、落下試験やハンマーによる打撃の衝撃に対して、電子機器の筐体が内部装置をいかに保護できるかをテストします。

耐衝撃保護等級

10段階で分類されています。数字が大きいほど耐衝撃の保護効果が高くなります。下記の表はIEC62262規格に準拠した耐衝撃性能の等級表です。

IK等級 エネルギー(J:ジュール) 衝撃に対する保護
IK00 無保護 保護されていない
IK01 0.14J
IK02 0.20J 10cmの高さから落ちる200gの衝撃に耐える
IK03 0.35J 17.5cmの高さから落ちる200gの衝撃に耐える
IK04 0.50J 25cmの高さから落ちる200gの衝撃に耐える
IK05 0.70J 35cmの高さから落ちる200gの衝撃に耐える
IK06 1.00J 20cmの高さから落ちる500gの衝撃に耐える
IK07 2.00J 40cmの高さから落ちる500gの衝撃に耐える
IK08 5.00J 29.5cmの高さから落ちる1.7kgの衝撃に耐える
IK09 10.00J 20cmの高さから落ちる5kgの衝撃に耐える
IK10 20.00J 40cmの高さから落ちる5kgの衝撃に耐える

屋外に防犯カメラを設置する際の注意点

イメージ:屋外に防犯カメラを設置する際の注意点

防犯カメラを屋外に設置する場合、または屋内でも手が届きやすい場所に設置する際は、故意過失を問わず壊される可能性があります。また、動物や飛来物が起因し衝撃が加わる可能性もあります。

従って、防塵防水性能と合わせて、耐衝撃性なども考慮することをおすすめします。

耐衝撃対応のおもな防犯カメラ

防犯カメラの耐衝撃対応モデルは、屋外用途などを勘案し、IK09以上の性能を持つモデルが多くなっています。

IK10対応

IK09対応

まとめ

IK10および耐衝撃保護等級のIKコード規格について紹介しました。防犯カメラの場合は設置特性を考慮し「IK09」「IK10」に対応したカメラが主流です。防犯カメラを設置するときは、設置場所によっては本体の耐衝撃性能に注意しましょう。

キヤノンマーケティングジャパンではカメラメーカーとして長年培った確かな技術と実績で、お客様にあった最適な防犯・監視・抑止・マーケティング目的のネットワークカメラソリューションをご提案しています。ネットワークカメラの導入をご検討の際には、ぜひご相談ください。



見えてくるのは、従来の防犯の枠を超える無限の可能性

ネットワークカメラに関する資料請求・お問い合せはこちら

こちらの記事もおすすめです

関連ソリューション・商品

メールでのお問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

こちらの記事の内容についてのご相談、お問い合わせを承ります。

ウェブサイトからのお問い合せ