イメージングPoEとは?給電の仕組みや規格、対応ハブの選び方を解説

PoEとはPower over Ethernetの頭文字を取ったもので、LANケーブルを通して電力を供給する技術のこと。LANケーブルだけで電力供給を受けることができるため、屋外や天井などの電源を確保しにくい場所でも設置しやすい、省線化ができるなどのメリットがあります。防犯・監視用途で使用されるネットワークカメラは、設置場所が天井や屋外になることが多く、設置時の問題の1つが「電源の確保」です。
ここでは、PoEについて、わかりやすくかんたんに解説します。



PoEとは

PoEとは

PoE(ピーオーイー)はPower over Ethernetの頭文字を取ったもので、LANケーブルを通して電力を供給する方法です。LANケーブルだけで電力供給を受けることができるため、屋外や天井などの電源を確保しにくい場所でも設置しやすい、省線化ができるなどのメリットがあります。業務用で防犯・監視目的のネットワークカメラを導入する際にはPoE対応の商品を採用することが比較的多くなっています。

PoE規格の種類

PoEの規格は、2003年に標準化された「PoE(IEEE 802.3af)」に始まり、2009年のPoE+(IEEE 802.3at)」、2018年の「PoE++(IEEE802.3bt)」と徐々に拡張されています。消費電力の大きい機器の使用を想定しているためです。

規格 PoE
(IEEE802.3af)
PoE+
(IEEE802.3at)
PoE++
(IEEE802.3bt)
最大供給電力 15.4W 30W 90W
おもな給電機器 ネットワークカメラ、IP電話など PTZカメラ、ネットワークカメラ、IP電話など 4K対応カメラ、デジタルサイネージ、高解像度ディスプレイなど

PoE対応機器の3つのメリット

電源を確保しなくても良いPoEは、業務用途のネットワークカメラの設置で重宝されます。3つのメリットを解説しましょう。

①設置場所を柔軟に選べる

ネットワークカメラを防犯・監視用途で導入する場合、屋外や天井などの特殊な場所に設置することがよくあります。PoE対応ハブやネットワークカメラを選ぶことで、電源がない場所や電源を設置しづらい場所でも電力を供給できます。

②電源工事が不要

ネットワークカメラの導入コストで大きな割合を占めるのが工事費用です。電源の設置工事が不要になるため、工事費用の削減につながります。

③配線がシンプル

通常、防犯カメラの設置にはコンセントなどの電源が必要になります。PoE対応のハブやネットワークカメラの場合は配線に必要なものはLANケーブルだけ。LANケーブルを通して電源が供給されるため、電源ケーブルやACアダプターなどが不要です。

デメリットと注意点

本体そのものは価格が高い

例えば、PoE対応のスイッチングハブの場合、PoE非対応のものと比べると価格が高くなります。ただし、PoE対応にすることで電源工事などの費用を削減できるメリットがあるため、設置環境を考慮した上で判断することをおすすめします。

死角ができることに注意

一見万能に見えるPTZカメラには、注意点もあります。カメラを操作して広範囲を撮影できるため、常に同じ場所を撮影できないこと。例えば、マンションの入り口で検知した怪しい人物を自動追尾機能で追いかけることが可能です。しかしながら、怪しい人物を追っている間は入り口付近を撮影できなくなります。このような死角を防ぐためには、複数台を設置する、または固定カメラと併用する運用がおすすめです。

どうして監視・防犯カメラを導入するのか、目的や課題を見失わないようにしましょう。

PoE対応ハブ、LANケーブルの選び方

PoE対応ハブ

ネットワークカメラでPoEに対応したシステムを構築するときは、PoE対応のハブとLANケーブルを選ぶ必要があります。

給電機能付き(PoE対応)スイッチングハブ

PoEに対応したスイッチングハブの選び方のポイントは3つあります。

  • PoEハブと繋ぎたい機器のポート数は足りているか
  • PoEハブの1ポートの給電能力がネットワークカメラの最大消費電力より大きいか
  • PoEハブの給電電力が、接続するネットワークカメラすべての最大消費電力の合計よりも大きいか

PoE対応ハブは、給電ポート数、給電能力や消費電力によって価格が異なります。いくつかおすすめのPoE対応スイッチングハブを紹介しましょう。

型番 BSL-POE-G2105U APLFM104GTPOE APLGM110GTPOE APLGM118GTPOE
PoE給電ポート数 PoE給電 x 4 PoE給電 x 4 PoE/PoE+給電 x 8 PoE/PoE+給電 x 16
最大給電可能能力 40W 61.6W 125W 250W
最大消費電力 55W 77W 165W 300W
製造元 株式会社バッファロー APRESIA Systems株式会社 APRESIA Systems株式会社 APRESIA Systems株式会社
希望小売価格(税別) 18,000円 75,000円 136,000円 198,000円
商品コード 3320V831 2919V672 3456V360 3456V359

PoE機器に接続するLANケーブルは、カテゴリ5e以上

PoE対応LANケーブル

PoE接続には「カテゴリ5e(CAT 5e)」よりも数値が大きいLANケーブルを使用します。カテゴリは、ケーブルに印字されている表示で確認することができます。

PoEに関するよくある質問

Q1
PoE対応ハブに、PoE未対応の製品を接続しても問題ないでしょうか。
A1

問題ありません。壊れることなく使用できます。

Q2
PoEによる給電は何mまでできますか。
A2

規格上は100mまで給電できます。LANの規格であるイーサネットの最長伝送距離が100mだからです。ただし、この数値は理論上です。品質が良くないLANケーブルは内部の銅線の電気抵抗が高くなるため、給電できる距離が短くなる場合があります。

Q3
100mを超える距離でLAN配線をしたい。
A3

本来なら100mまでが限界のLAN伝送距離をPoEパススルーにより最大900mまで延長する機器があります。通信速度や供給電力によって伝送距離は異なるため、詳しくはお問い合わせください。

まとめ

PoE(ピーオーイー)について紹介しました。LANケーブルだけで電力供給を受けることができるため、屋外や天井などの電源を確保しにくい場所でも設置しやすい、省線化ができるなどのメリットがあります。ネットワークカメラシステムを導入する際にはよく採用されています。

キヤノンマーケティングジャパンではカメラメーカーとして長年培った確かな技術と実績で、お客様にあった最適な防犯・監視・抑止・マーケティング目的のネットワークカメラソリューションをご提案しています。ネットワークカメラの導入をご検討の際には、ぜひご相談ください。



見えてくるのは、従来の防犯の枠を超える無限の可能性

ネットワークカメラに関する資料請求・お問い合せはこちら

こちらの記事もおすすめです

関連ソリューション・商品

メールでのお問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

こちらの記事の内容についてのご相談、お問い合わせを承ります。

ウェブサイトからのお問い合せ