ME20F-SHN|特長ネットワークカメラ

1.超高感度CMOSセンサーとEFレンズにより幅広いモニタリングが可能

画素部および読み出し回路に独自技術を搭載した35mmフルサイズ約226万画素CMOSセンサーにより、最低被写体照度0.0005ルクス※1(最大ゲイン※275dB時、ISO感度400万相当)の超高感度と低ノイズを両立し、星明かりなどの非常にわずかな光源だけで被写体を認識できます。
また、キヤノンの一眼レフカメラなどに用いられる豊富なEFレンズ※3(別売り)を使用できます。
用途や撮影シーンに応じて、効果的な画角や明るさのレンズを選択できるため、幅広いモニタリングが可能です。

  • ※1.
    一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)発行の「映像監視システム機器スペック規定方法」(TTR-4602C)に準拠。
    (カラー/蓄積なし/F1.2/シャッタースピード1/30秒/50IRE/カスタムピクチャー[使用しない]の条件下で撮影した場合の理論値)
  • ※2.
    ゲインとは、画素からの出力信号の増幅度を示す。単位はデシベル(dB)。ゲインの設定値を上げるほど暗い場所での撮影が可能。
  • ※3.
    動作確認済みのEFレンズの詳細は、こちらをご覧ください。
肉眼でみたイメージ(右)と“ME20F-SHN”で撮影した映像(左)

2.ネットワークカメラの機能を搭載し、監視用途に適した性能を発揮

NETWORK

圧倒的な感度性能、幅広い階調による高画質、ME20F-SHの高機能に加え、ネットワークカメラの機能を搭載することで、監視用途に適した運用が可能です。

インテリジェント機能:【管理者】「インテリジェント機能」で不審な人物を自動的に検知。→ME20F-SHN:【管理者】カメラの設定、撮影、モニタリング、記録がPC操作で可能。/Camera Viewer:【管理者、一般ユーザー】カメラの映像を「カメラビューワー」でモニタリング。/MCV:【警備担当者】「モバイルカメラビューワー」でモニタリング。→SD:メモリーカードへ映像を記録。

3.セキュリティー用途に適した画質モード「Crisp Img」(クリスプイメージ)を新たに搭載

セキュリティー用途に適した画質モード「Crisp Img」(クリスプイメージ)を新たに搭載しています。
これにより文字や人物を視認しやすい画質を実現し、また暗いシーンではノイズ低減によりデータサイズを抑制しネットワーク配信に適した画質に処理します。
また、立ち入り禁止エリアへの侵入やカメラへのいたずらなどを検知する6種類の「インテリジェント機能」を標準搭載し、警報器の発報や警告灯の点灯など外部機器と連携できます。さらに、録画サーバーを用いずにカメラ本体に装着したmicroSDメモリーカード(別売り)に映像の記録も可能です。

(1)鮮鋭感の向上 シャープネス

カスタムピクチャー[使用しない]※1とカスタムピクチャー[Crisp Img]の比較

  • ※1.
    ME20F-SHの初期設定と同様。
実写例 カスタムピクチャー[使用しない] 撮影時の照度:5000lux
シャープネスを強くした描画
実写例 カスタムピクチャー[Crisp Img] 撮影時の照度:5000lux

(2)データサイズ抑制 ノイズリダクション

カスタムピクチャー[使用しない]※1とカスタムピクチャー[Crisp Img]の比較

  • ※1.
    ME20F-SHの初期設定と同様。
実写例 カスタムピクチャー[使用しない] 撮影時の照度:0.04lux 【ノイズ低減は控えめ】撮影映像のポストプロダクションを優先した映像です。ビットレート:13950kbps
実写例 カスタムピクチャー[Crisp Img] 撮影時の照度:0.04lux 【ノイズを大幅に低減】データサイズの抑制を実現した映像です。ビットレート:5595kbps

4.立ち入り禁止エリアへの侵入やカメラへのいたずらなどを検知する6種類の「インテリジェント機能」を標準搭載

インテリジェント機能

あらかじめ「異常」として設定した状況が発生した場合に、カメラが自動的に検知し、外部デバイスへの出力、映像記録など、さまざま手段で発報できます。

映像解析によるインテリジェント機能

リアルタイムの映像内で発生している変化を「背景映像との差分」により検知します。

侵入検知の例

侵入検知
  • 画像はイメージです。

あらかじめ設定したエリア内に侵入した人を検知することが可能。美術館・博物館などの立入禁止エリアに侵入する人を検知することにより、窃盗やいたずらの発見に威力を発揮します。

  • 他社製録画ソフト、NVRをご使用の場合、事前に動作確認を実施いただくか、録画ソフト、NVRのご提供メーカーに対応可能かお問い合わせください。
  • 設置条件や利用環境などによっては、正しく検知できないことがあります。
  • 関連リンク:動体検知機能とは?

6種類インテリジェント機能を搭載

動体検知/置き去り検知/持ち去り検知/いたずら検知/通過検知/侵入検知

インテリジェント機能によるアクションイメージ

不審者の検知→警告灯:警告灯点灯などの外部デバイス連動

5.PC操作に加え、スマートフォンやタブレットからモニタリングが可能な「モバイルカメラビューワー」機能に対応

Camera Viewer:管理者/一般ユーザー

ウェブブラウザー上でカメラ映像のモニタリングが可能な「カメラビューワー」を搭載。フォーカスやAEシフトの設定のほか、映像の拡大や切り出し機能であるデジタルPTZ(PTZ:Pan/Tilt/Zoom)の操作も可能です。

MCV:警備担当者

スマートフォンやタブレット端末から、カメラのモニタリングや設定が可能な「モバイルカメラビューワー」を搭載。どこからでも簡単にカメラ映像が確認できます。

カメラビューワーの表示
メニューの選択:メイン、映像と音声、カメラ操作の操作パネルを表示します。
モバイルカメラビューワーの表示
カメラ映像を表示/カメラに搭載されたSDカードへの録画