このページの本文へ

ESET PROTECT Elite(エリート)

脅威に対する防御から、万が一の侵入に対する検知・対応を行う、包括的なXDRソリューション

このような悩みを持つお客さまへおすすめ

  • サイバー攻撃に対する予防、検知、対応をオールインワンで強化したい
  • 人材不足や担当者の工数不足ではあるが、脆弱性管理・対策を推進したい
  • ITツールの多様化・複雑化により、横断的に連携させたIT資産管理と可視化ができていない

特長

サイバー攻撃に対する防御・検知・対応に加え、脆弱性の診断と自動的な修正対応も実現した、XDR搭載ソリューションです。

  • 脅威に対する防御から、万が一の侵入に対する検知・対応を行う包括的なXDRソリューション
  • 脆弱性診断と自動的に修正対応を実施する「脆弱性・パッチ管理」
  • 「クラウドサンドボックス」「フルディスク暗号化」などの各種機能を搭載
ESET PROTECT Elite 概要図

脅威に対する防御から、万が一の侵入に対する検知・対応を行う包括的なXDRソリューション

組織内の端末のログ情報を記録し端末上の疑わしい動きを検出、検出結果を分析・調査することで組織内に潜む脅威をいち早く割り出し封じ込めを実施。悪質なファイルや不審なプロセスを発見した場合における、管理者の速やかな処置実施を支援します。

侵入後の対策EDR/XDRと、攻撃を防ぐ事前対策EPP(エンドポイント保護)、これらをESET製品で統一することで高品質な検知設定を実現できます。その結果、検知率上昇、誤検知率低下が可能となり、セキュリティレベルが高まります。

ESETのEPPの性能は、各種第三者評価機関においても優秀な成績を残しているとおり、マルウェアの高検知率、低誤検知率、軽快な動作において定評があります。このEPPとXDRを組み合わせることで更なる安心、安全につながります。

ESET製品で統一した場合とEPPとXDRが別製品の場合の比較

脆弱性診断と自動的に修正対応を実施する「脆弱性・パッチ管理」

インストールしているアプリケーションを自動スキャンし、脆弱なソフトウェアとデバイスの脆弱性をレポートします。そのレポートをもとにカスタマイズ可能なオプションによる自動パッチ適用複数バージョンのWindows(順次他のOSにも対応予定)をサポートします。

脆弱性とパッチ管理の状態確認は、ESET PROTECT Eliteで利用できるESET PROTECTのコンソールから、エンドポイントの状態と共に一元管理が可能。社内外どこにいても状態を確認できます。また、カスタマイズ可能なスケジュール設定による自動スキャン、脆弱性の重大度ベースの優先順位付け、影響を受けるデバイスの一覧と脆弱性データベース、特定の脆弱性の例外を作成する機能、自動パッチ適用オプションと手動パッチ適用オプション、カスタマイズ可能なパッチ適用ポリシー等の機能により、利用者の多くの要望を可能にします。

脆弱性・パッチ管理の対応アプリケーション例
7zip Adobe Acrobat Reader DC Classic Amazon Corretto Dropbox
Git Google Chrome HP support Assistant Java
Microsoft Edge Microsoft Office Notepad Thunderbird
Vmware tools Wireshark Zoom

高度な脅威防御、ゼロディ脅威の防止をするクラウド型サンドボックス

端末で見つけた不審なサンプルをクラウドベースの解析環境「ESET Cloud」へ自動で送信。大半のサンプルは数分内で解析でき、悪質と判断されたファイルは全社レベルで自動的にブロックします。ESET Cloudでの解析には、3つの機械学習モデルを用いたサンプル比較、サンドボックスによる振る舞い分析、最新のスキャンエンジンによる異常分析など、ESETの最新テクノロジーが多段階で用いられています。ESETへ報告された脅威情報もグローバルレベルで共有されているため、すでに解析済みのサンプルであれば防御までの即時性がさらに高まります。また手動でのサンプル送信も可能です。

ESET PROTECT Eliteに搭載しているESET LiveGuard Advancedの機能により実現

堅牢な暗号化と認証、ビジネスデータとシステムを不正アクセスから保護

在宅勤務やリモートワークが普及している中、持ち出しPCディスクの暗号化対策は基本の情報漏えい対策となります。暗号化することで、持ち出し時のPC紛失や盗難から内部の重要データや個人情報などの情報漏えいを防ぎます。

ESET PROTECT Eliteに搭載しているESET Full Disk Encryptionの機能により実現
ESET Full Disk Encryptionの機能

フィッシング詐欺やマルウェアがユーザーのメールボックスに到達するのを防ぐ

フィッシングサイト(正規のサイトを偽装して個人情報の窃取やマルウェアの配布を試みるWebサイト)へ誘導する有害なメールを検出し、フィッシングサイトへのアクセスを防止します。

機能一覧

ESET PROECT Eliteには、下記の機能が含まれています。

動作環境

クライアントOS:Windows/Mac/Linux/Android
サーバーOS:Windows/Linux 

  • 本製品には、機能・OSごとに異なる複数のプログラムが存在します。詳しくは、「機能紹介」のページにてご確認ください。
  • 脆弱性・パッチ管理に関しては、対応OSはWindowsのみです。Windows Sever OS、macOS、Linuxについては、2024年以降順次対応予定です。

価格・購入方法

価格

ライセンス数 新規・追加・更新・切替
26-49 13,410円
50-99 12,480円
100-249 9,720円
250-499 8,940円
500-999 8,190円
1,000-1,999 7,410円
2,000-4,999 6,720円
5,000-9,999 5,970円
10,000- 応相談
  • 上記価格は1ライセンスあたりの希望小売価格(税抜き、年額)となります。
  • 購入されたライセンス数分、各機能をご利用いただけます。
  • 最小ライセンス数以上での販売となります。既存契約へのライセンス追加の場合は、1ライセンスから販売します。
  • ライセンス追加は、購入済みライセンス数に追加分を加えた合計ライセンス数の価格レンジが適用されます。
  • ライセンス追加は、既存契約の有効期限が1年以上残っている場合、1年目は追加費用が、2年目以降は更新費用が必要となります。(追加分のライセンスも既存の有効期限に準じます)
  • また、有効期限まで15日以上ある場合の既存契約更新と同時のライセンス追加は、年間の追加費用と同時に追加分の更新費用も必要となります。
  • ライセンス価格には、プログラムなどの使用料(バージョンアップの権利含む)とESET法人サポートセンターによるライセンスサポート(通常サポート)費用が含まれます。
  • 切替とは、ESET PROTECTソリューションの他製品から本製品へ変更いただくことを指します。
2025年3月末に更新販売終了となる製品をご利用のお客さまへ

ESET PROTECT Essentialオンプレミスほか、更新販売終了の対象製品をご利用の場合は、特別切替製品をご用意しています。

グループ企業での一括購入について

ESET製品をまとめて購入することができるライセンスの範囲(購入単位)は、同一法人またはグループ企業の範囲内となります。

  • グループ企業でまとめて購入する場合の範囲や条件

    出資比率:1%以上
    契約名義:1つにまとめてのお申込み(1契約1シリアル番号)

    • ライセンス契約書は1枚のみの発行
    • シリアル番号、ユーザー名、パスワード、更新期限は統一

    サポート:グループ企業内1か所の管理部門へのサポートとなります(各グループ企業毎など複数の部門からのサポートはお受けできません)

購入方法

  • お取引のある販売店さまへご発注ください。ご発注時には注文書と併せて「申込書」が必要です。
  • 申込書は、納品やサポートを行うために、お客さま/販売店さまの情報をご登録いただくものです。

発注~ご利用までの流れ

※申込書の作成は、お客さまでも販売店さまでも可能です
発注~ご利⽤までの流れ
  • オンラインフォームからの受付となります。上記「申込書を作成する」ボタンよりお進みください。
  • 申込書の作成は、お客さまでも代理店さまでも可能です。
  • オンラインフォームからの必要事項をご入力いただき申込書を作成し、ご提出ください。