iR W1040/W1040N/W1040F|特長 セキュリティ

ユーザー認証システムでセキュリティを強化

ログインユーザー名とパスワードによる認証や、8桁までの数字を使ったユーザーコード認証など、強力な個人識別機能を搭載。ネットワークで接続されているWindowsのドメインコントローラーやLDAPサーバーの認証システムと連携して、個人認証を行うことも可能です。

利用できる機能と利用量をユーザーごとに制限

重要機密データには、ごく一部のユーザーしかアクセスできないようにするなど、個別に利用制限を設けることが可能。宛先利用制限や蓄積文書利用制限、コピーやプリントの上限量数の設定など、さまざまな制限を行うことができ、セキュリティ強化とコスト削減を同時に図ります。

情報の盗み見を防ぐ暗号化システム

Web Image Monitorによるアクセスや、スキャン to Eメールなどで通信を行う際にデータをSSL暗号化。IPsecやS/MIMEにも対応し、安全なデータ通信が可能。なりすまし送信やメールの改ざんなどを防ぎます。

かんたんカード認証(オプション)

非接触ICカード「FeliCa」※1「MIFARE」※2を用いた個人認証が可能です。またICカードで簡単に機器の利用を制限でき情報漏えいリスクを軽減します。

  • ※1.
    FeliCaは、「FeliCa/FeliCa Lite」のIDmのみに対応。その他の汎用領域を利用する設定はできません。
  • ※2.
    MIFAREは、「MIFARE Classic」「MIFARE Ultralight」のUIDのみに対応。その他の汎用領域を利用する設定はできません。
  • 個人認証デバイス内蔵キット TG5が必要です。※本機能と他の認証システム、認証機能との併用はできません。
  • 利用できる認証先はベーシック認証のみです。※複数台にまたがった認証はできません。

情報漏洩を抑止するセキュリティ印字機能

印刷日時や出力情報などをコピー、ファクス、プリンター、ドキュメントボックスからの印刷物に強制的に印字することで、情報漏えいを防ぎます。

  • ユーザー認証設定が必要。ファクス受信文書に出力者情報は印字されません。

地紋印刷機能で不正コピーを抑制

プリントアウト時にマスクパターンを埋め込んで出力できるコピーガード機能を搭載。プリントアウトされた原本をコピーすると「コピー禁止」などの地紋を浮き上がらせ、不正なコピーや情報漏洩を抑制します。

HDD残存データ消去機能/HDD暗号化機能

コピーやプリント、スキャン時にHDDに残されたデータを、その都度消去できます。また、必要に応じて情報の一括消去も可能。さらに、アドレス帳、蓄積文書、認証データ、一時保存されている文書データやネットワークIF設定情報、機器設定情報などは暗号化してから保存するため、情報保護の面でも安心です。

商品に関するお問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ご相談はお電話にて受け付けております

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9時00分~17時00分

※ 土日祝日・当社休業日は休ませていただきます。