自転車免許証の作成・印刷事例カードプリンター

自転車免許証の作成・印刷ならキヤノンカードプリンター

交通ルール遵守意識の向上でお悩みではありませんか?

交通ルール遵守意識の向上を目的として、東京都荒川区や町田市、兵庫県尼崎市や加古川市、福岡県北九州市など、地方自治体や学校で自転車免許証の導入が増加しています。

国交省・警察庁が共同で策定し発表した「自転車の安全で快適な利用環境創出ガイドライン」について

2012年11月に、国土交通省と警察庁は共同で「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」を策定しました。その後、2016年に7月に上記ガイドラインを一部改定し発表しています。

ガイドラインの4つのテーマ

  1. 自転車ネットワーク形成の進め方
  2. 自転車通行空間の設計
  3. 利用ルールの徹底
  4. 自転車利用の総合的な取り組み

ガイドライン内の「自転車免許証の交付」例

自転車免許証を作成・印刷する際の課題

  • 講習を受けた方に、安全意識向上のために「自転車免許証」を交付したい・・・
  • 紙の免許証ではなく、高級感・耐久性があるプラスチックカードにしたい・・・
  • 作成や後日発送、個人情報漏えい対策などの手間とコストをかけずに作成したい・・

キヤノンカードプリンターが自転車免許証の作成・印刷に適している4つの理由

1.カラー分速50枚の高速出力
講習終了後、その場で自転車免許証を印刷し渡せるため、後日送付する手間がなくなります。
2.紙&プラスチックカード対応
キヤノン カードプリンターCX-G2400は、プラスチックカードと紙の両方に印字可能です。
プラスチックカードタイプの自転車免許証だけでなく、紙の割引サービスなどのカードの類にも活用可能です。
3.容易な自転車免許証の発行が可能な純正ソフトウエアをオプションでご用意
キヤノン純正ソフトウエア「ImageCreate SE」なら、年賀状ソフトウエアのような操作感で、氏名や顔写真の差し込み印刷もQRコードの作成も簡単にできます。
4.インクジェットだから、情報漏えいの心配不要
キヤノンカードプリンターはインクジェット方式。熱転写方式のようにインクリボンに情報が残らないため、個人情報漏えいの心配が不要です。

インクジェットプリンターとプラスチックカード専用プリンターの比較

キヤノンカードプリンターなら、プラスチックカードだけでなく安価な紙にも印字可能!紙とプラスチックカード印字の1台2役の用途と圧倒的な印刷速度でカード発行業務を改善します。

  キヤノン カードプリンター
CX-G2400
一般的なプラスチック
カード専用プリンター
対応用紙 紙、シール紙
プラスチックカード
ICカード
プラスチックカード
自動両面印刷 × ○(機種により対応可)
印字速度 カラー 50枚/分
15~20倍の生産性
約3枚/分
モノクロ 約15枚/分
ファーストプリント 約10秒 約25秒(カラー)
約6秒(モノクロ)
印字可能な
プラスチック素材
PET※1
(キヤノン純正プラスチックカード)
PVC、PET-G
インクコスト
(表カラー、裏モノクロの場合)
約2円~※2
メディア+インク代totalで安価
50~70円程度
用紙コスト プラスチック 約82.4円(オープン価格) 約50円
約2.85円~ ×
解像度 1200dpi 300~600dpi
  • 2016年10月3日現在。キヤノンマーケティングジャパン調べ
  • ※1.
    市販のPVC、PET-Gタイプのプラスチックカードには印字できません。
  • ※2.
    下記[自転車免許証サンプル画像]を印刷した場合

キヤノンカードプリンターなら、簡単2ステップ作成!

(1)年賀状ソフトのように、データベースから選択し、印刷 (2)プラスチックカードまたは紙をセットしておけば50枚/分の速度で印刷 (3)完成

キヤノン純正プラスチックカードの特長と仕様

特長

プラスチックカードにボールペンで直接記入できます。また、証印などのスタンプの押印も可能です。

仕様

サイズ
クレジットカードと同様のサイズ(85.6mm x 54mm)
用紙厚
厚口タイプ…約0.7mm(JIS II型準拠)
薄口タイプ…約0.4mm(携帯時に嵩張らない厚さ)

関連商品

サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。

カードプリンターのご相談・お見積もり・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 カードプリンター担当

導入に関するご相談やご質問、お見積もりのご依頼は 専用の窓口フォームからお気軽にお寄せください。

ウェブサイトからのお問い合わせ