チューブマーカーおすすめケーブルIDプリンター

電気設備・盤製作・LAN配線・プラント工事や生産設備のメンテナンスまで多くの現場で認められています。

チューブマーカーとは

回路の設計図面に基づき、制御盤などの端子台に接続される電線の線番や記号をチューブやラベルに印字するプリンターを指します。チューブプリンターや、マークプリンターなどとも呼ばれていますが、キヤノンでは、ケーブル(電線)にIDをつけるプリンターという意味で、ケーブルIDプリンターと呼んでいます。

チューブマーカーを選ぶ時の比較ポイント

1.価格だけではない。実はランニングコストも重要。

チューブマーカーは、数万円台から100万円を超える機械まで、価格帯に幅があります。
印字できるメディアの種類、チューブ径の太さ、印字スピードなどで、価格に差が出ます。また、見落としがちなのが、インクリボンなど消耗品のランニングコストです。キヤノンのケーブルIDプリンター用のインクリボン(RC-TU150B)なら、他社と比較して、30%以上※1ランニングコストを抑えることができます。

  • ※1.
    キヤノンマーケティングジャパン調べ
キヤノンのインクリボン(RC―TU150B)なら購入後もランニングコストで差が出ます。
※キヤノンマーケティングジャパン調べ

2.小型かどうか

チューブマーカーは、持ち運びのできるポータブルタイプと、10kg以上の大型な据え置きタイプのプリンターに分かれます。MK5000/MK3000は、持ち運びしやすい取っ手のついたポータブルタイプなので、必要な時に、必要な場所で、必要な分のみ印刷することが可能です。重量は、約2.7kg(本体のみ)。また、別売で車での持ち運びに安心なハードケースもご用意しています。(MKシリーズ用ハードケース 品番:4007V631)

MK5000
MK3000

3.印字できるメディアの種類や、チューブの太さや種類

制御盤制作では、様々な種類、太さのケーブルを使用します。そのケーブルに対応するマークチューブを印字できるかどうかが、プリンター選びの重要なポイントです。MK5000/MK3000は、いずれもΦ1.5mm~Φ10mmのPVCチューブ及び熱収縮チューブを印字することが可能で、更に、Φ1.5mm~Φ6.5mmのフラットチューブ※2にも対応しています。

MK5000/MK3000の対応メディア
メディア 機種

MK5000 MK3000
チューブ Φ1.5~Φ10mm
チューブウォーマー※1利用時 Φ1.5~Φ6.5mm
キープチューブ Φ3.0~Φ5.5mm
熱収縮チューブ Φ1.5~Φ10mm
フラットチューブ※2 Φ1.5~Φ6.5mm
記名板※2 8/8.5/9.5/10mm 不可
ラベルテープ 白・黄・銀(6/9/12mm)※3
  • ※1.
    オプションの「MKシリーズ用チューブウォーマー(TM-TW01 品番:5060C005)」が必要です。
  • ※2.
    オプションの「MKシリーズ用記名板・フラットチューブアタッチメント(TM-PT01 品番:5060C004)」が必要です。
  • ※3.
    銀は、6mmと9mmのみ
  • 動作確認済の印刷部材はこちらでご確認頂けますが、デモ機のお貸出しも可能なので、事前に動作確認をお願い致します。
  • デモ機に関するお問い合わせは、担当営業、もしくは、こちらまでお問い合わせください。

4.作業効率アップにつながるキープチューブをご用意

内側にヒダがついているキープチューブは、ケーブルに挿入後、振っても落ちにくいので、作業の効率アップに役立ちます。また、固定せずに指で簡単に位置をずらすことができるので、メンテナンス時にも役立ちます。更に、他のマークチューブに比べ、柔らかい構造のため、気温が低い環境でも、扱いやすいのが特長です。

5.電源のない場所でも作業ができるエネループ※1駆動対応

作業現場では、電源が確保できないことも多くあります。MK5000/MK3000は、いずれもエネループ駆動が可能です。さらに、寒い時期は、固くなったチューブを印字しやすくするため、チューブウォーマー※2を利用する場面も多くなります。キヤノンのケーブルIDプリンター MK5000/MK3000は、チューブウォーマーもエネループで駆動するので、利用シーンを選びません。電源のない場所でも、寒い時期でもご利用頂けます。

  • ※1.
    エネループおよびeneloopはパナソニックグループの登録商標です。ご利用の際は、「エネループ(eneloop)単3形スタンダードモデル」(品番:BK-3MCC)を使用してください。それ以外の電池は使用しないでください。火災、故障やけがの原因となることがあります。
  • ※2.
    MKシリーズ用チューブウォーマー(TM-TW01 品番:5060C005)は、オプション品です。

6.PCで作成したデータをプリンターに送信して印字が可能かどうか

多種多様な印刷用データを管理するのは、一苦労。キヤノンのMK5000なら、ケーブルIDプリンター専用のアプリケーションソフトとプリンタードライバー※1をPCにダウンロードすることで、印刷用のデータをPCで簡単に作成することができます。また、USBケーブル※2でプリンターと接続することで、PCで作成したデータをそのまま印刷することができ、印刷設定内容も同時に保存されるので、大量のデータ管理に役立ちます。さらに、必要なデータのみ抽出してプリンターに送信し保存することで、現場での臨機応変な対応に役立ちます。

PC上の入力画面
接続イメージ
  • ※1.
    MK5000に同梱のCD-ROMからインストール頂くか、キヤノンのHP>サポート>ソフトウエアダウンロード>大判プリンター/業務用プリンター>ケーブル/プレートプリンター>Mk>MK5000よりダウンロード頂けます。
  • ※2.
    市販のUSBケーブル(A-B タイプ)をご用意願います。

7.生産性が高いかどうか

チューブを大量に印刷するのであれば、生産性も重要なポイントです。
キヤノンのケーブルIDプリンターMK5000なら、同タイプの他社チューブマーカーと比較しても、高い生産性を誇ります。

  • 2021年当社調べ
チューブの生産性比較表
機種 MK5000 他社上位機種
生産本数 3,300個/時 3,120個/時
印字条件 カット長20mm、5文字(3mm全角)、半切りあり、Φ1.5mm~Φ6.5mm、カット強さ標準、環境:15℃~32.5℃ 内径φ3.2mmチューブ、20mmピッチ、7文字印字

8.使いやすいかどうか

さまざまなメディアに印字可能なチューブマーカーですが、長く使う製品のため、使い易さも選ぶ時の重要なポイントです。キヤノンのMK5000/MK3000は、使い易さにおいて下記の特長があります。

  1. メディアのセットが簡単。チューブや記名板は、アタッチメントを通して、インクリボン部までセットするだけで完了。ラベルテープは先端を5~7mm出してセットするだけ。後は、センサーが自動感知し、ローラーが自動で送り出すので、セットに手間取りません。
  2. 記名板の印字終わりをオートカットできるので、ハサミでカットする作業を軽減できます。※1
  3. チューブ、ラベルは半切りも全切りもオートカット。さらに、半切りの深さはお好みの深さに11段階から設定可能です。
  4. 見誤りやすい、6と9に下線をつけることができます。(初期値はなし)
  5. 半切りをしない場合(主に記名板)、ページ間に、点線、または実線で線を印字することができます。さらに、複数行印字する際には、行間に線をつけることもできます。
  6. 自動電源オフ機能搭載なので、電気(電池)の無駄遣いを削減できます。
  7. 液晶表示部分の言語を、「日本語」「英語」に切り替えられます。
  8. 印字パターンが豊富。横向き/横書き、縦向き/縦書き、縦向き/横書きから、必要に応じで選べます。
  • ※1.
    記名板をカットした場合には、カッターの耐久回数が減少する可能性があります。

市販の丸チューブ/フラットチューブ/ラベルテープ/記名板/など豊富なマテリアルに印字可能なキヤノンケーブルIDプリンターの印字サンプルをぜひ手に取って、その印字品位を実感してください。