P-CUBE n電子薬歴レセコン一体型システム

P-CUBE nは、薬剤師の先生と一緒に長年開発してきたレセコン一体型電子薬歴システムです。薬歴作成を効率化し、多様化する薬剤業務を支援します。

対象施設
調剤薬局
開発元
株式会社ユニケソフトウェアリサーチ
医薬品のデータベース活用型から、対話型へと進化する業務。
「P-CUBE n」は薬剤師による対話をサポートし、そこから得られた患者さまの「物語」に寄り添う医療を実現します。

対人業務の時間を創出するために、薬歴作成を効率化する設計や機能を電子薬歴システムに搭載。
電子薬歴+レセコンの一体型により、薬局全体におけるICTの最適化を実現します。

P-CUBE nの特徴

頭書き情報と薬歴入力との連携

P-CUBE nでは「頭書き情報」から「薬歴入力」への連携機能を搭載します。頭書き情報に沿った患者さまへの確認が薬歴に連携することで、入力の生産性が向上しました。

見やすさと使いやすさを追求した画面レイアウト

P-CUBEシリーズの機能・操作性はそのままに、使用頻度の高いページを見ながら入力できるよう、従来の2画面構成から薬歴メインの1画面構成へ。頭書と薬歴の連携を行い、入力作業の負担を減らします。

薬剤別服薬指導ガイダンス(インタビューツリー)の操作性を向上

服薬指導で活用する指導ガイダンスのデータを標準搭載します。処方内容や生活習慣・属性に合わせて指導文の表示を絞り込める機能を追加することにより、患者さまひとり一人に対して最適な服薬指導を実現します。

患者服薬フォローサービス『フォロナビ』

LINEを使って、継続的な患者服薬フォローを支援

P-CUBE nでは、調剤後の服薬期間の継続的なフォローアップを支援するサービス「フォロナビ」を標準搭載します。
広く利用されている無料通話・メールアプリ「LINE」を活用して、より効果的で継続的なフォローアップを実現します。

LINEを使った患者コミュニケーション

広く利用されているLINEで薬剤師や患者さまの負担を軽減。服薬フォローの継続性を向上します。

電子薬歴と連携

LINEでのやり取り通知は、電子薬歴で確認することができるため、患者さまからの重要なメッセージを見落とすことはありません。さらに、LINEでのやりとり結果は電子薬歴上で確認でき、コメントを薬歴に連携することができます。

服薬フォローを行うための設問コンテンツの搭載

電子薬歴システムの処方データと連携して、処方薬や疾患に応じた指導コンテンツを搭載。より効果的な服薬フォローを行うと同時に、薬歴記載への負担も軽減します。

対象患者さまの予定から実績を電子薬歴で管理する

フォロー対象になったら、電子薬歴の専用フォームにフォロー予定や計画を入力します。服薬フォローの予定から実施・来局リマインド・医師への報告まで、電子薬歴と連携したソリューションをご提案します。

ご利用料金

価格体系
ソフトウェアの価格体系は、初期費用がかからない月額使用料のみの設計です。最小限のコストで運用を始められ、5年ごとのライセンス購入も発生しません。
  • ハードウェア及び導入作業には初期費用と指導費用が別途かかります。
パッケージ構成
基本システムの中に、在庫管理や薬袋発行などの主要オプション・バージョンアップなどが含まれています。
  • レセコンのみのご契約もあります。
  • 経営管理サービス(SOS)は別途オプションとなります。
ポイント・特長
P-CUBE nは契約途中の解約による解約金は設けておりません。
新規開業・承継問題など先行きに対するリスクが最小限にとどめられます。

第二ソリューション本部(東京)

キヤノンITSメディカル株式会社 

商品・サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9:00~17:00

土・日・祝日・年末年始は除く

ウェブサイトからのお問い合わせ