CCPrint|特長レポーティングソフトウェア

おもな特長

コスト削減

ドットプリンター専用紙を通常のカット紙にすることで用紙コスト削減が実現するほか、プレ印刷のコストやドットプリンターの維持コストも不要に。多彩な電子帳票類にも対応、保存も簡単。

品質向上

帳票作成ツール(imageWARE Form Manager)活用で、独自帳票の作成できるほか、レイアウトの変更・修正も容易。またレーザープリンターで、印字ズレなどのない高精細な帳票が出力可能に。

作業負荷軽減

既存のシステムに手を加えることなく、CCPrintシステムへの移行ができるほか、穴あき専用紙では不可欠だった伝票の架け替えや印字位置調整作業など面倒な作業が不用になります。

クライアント/サーバー環境で伝票を発行

メインフレームから転送されるデータを端末エミュレータを利用して、テキスト情報に加工し、伝票フォーム上にオーバレイ印刷することができます。既存の変更をほとんど行わずに、現在稼動しているクライアント/サーバー環境に伝票発行業務を移行できます。

各種メインフレームに対応

各種メインフレームに最適化されたキヤノンITソリューションズ(株)社製のエミュレータにより、メインフレームとの接続やネットワーク構造に合わせ、最適なシステムを構築できます。

複数のプリンターセッションを設定可能

クライアントタイプで最大5個、サーバータイプで最大96個のプリンターセッションを設定できるエンタープライズ対応。プリンターセッションごとに物理プリンターを登録でき、さらに1つのプリンターの中に複数の物理プリンターを登録できます。

簡単なフォーム作成

伝票フォームの作成はimageWARE form Managerで行います。操作はツールバーから簡単に行え、画面上の完成イメージを確認しながら効率的に作業できます。ロゴやバーコードなどを使用して、オリジナリティのある伝票を作成することも可能です。

データとフォームの印字位置あわせは目で確認

メインフレームからのデータとフォームとの連携を、視覚的に設定・確認できるエディタを搭載。これを使えば、誰でも簡単にメインフレームのデータをフォームに反映できます。

複数のプリンターで大量出力

大量出力の際、複数のプリンターへ順番に出力することができます。これにより、用紙切れや排紙トレイ満載時の出力停止を回避することができます。

帳票基盤との連携

imageWARE Form Manager サーバー群で構成された帳票基盤にホストデータを転送することにより、帳票のセキュアPDF化・WebUI による検索/プレビュー/再印刷・キヤノン複合機(iR)と連携したPC レス印刷などが可能になります。

印刷終了時に白紙の仕切り紙を出力

複数の伝票を一度に印刷した場合でも、仕切り紙を挿入することにより、目的の伝票をすぐに探し出すことができます。

電子帳票でペーパーレス化に貢献

Webのブラウザ上で帳票そのままのイメージを閲覧できる。また、電子帳票でペーパーレス化を実現します。

  • CCPrintはキヤノンマーケティングジャパン株式会社の登録商標です。

レポーティングソフトウエアについてのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 デジタルドキュメントソリューション企画課

こちらのソリューションについてのご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ