青果仲卸業(生産者ラベル)

カラーラベルプリンターで売れる生産者ラベル作りをはじめてみませんか?

ラベルプリンターがよくわかる

比べてみてください!モノクロラベルとカラーラベルのコストを

キヤノンのラベルプリンターなら、モノクロラベルとほぼ同等な価格でカラーラベルの作成が可能です。今、貴社でお使いのラベルとも、ぜひ比較してみてください。

図:モノクロプリントとカラープリントのコスト比較。モノクロ合計2.71円、カラー合計2.79円とほぼ同等のコストパフォーマンス
コスト算出条件
サイズ:75×50mm、用紙種類:マット紙、ロット:10,000枚の場合、表示価格は、標準価格(税別)です。上記サンプルは、モノクロラベル、カラーラベルともにLX-D5500で出力しました。
  • 上記インクコストは、弊社測定(ドットカウント方式により算出)。

ラベルプリンターで、売れる生産者ラベル作りをはじめてみませんか?

いつでも、手軽に、自由に農業生産物・加工品用ラベルが作れたら、売り上げにつながる大きな即戦力になることは間違いありません。「難しそうだ?」「費用がかかるのでは?」とお悩みの農業生産者のみなさま。キヤノンのラベルプリンターを活用すれば、簡単&低コストでラベル作成が可能になります。

課題

  • トレーサビリティを強化したい
  • 成分表示の義務化に対応したい
  • 輸入農産物との差別化をしたい
  • ブランドイメージと商品価値を向上させたい
  • プレプリントラベルの在庫を軽減したい

上記の課題が一つでも当てはまるなら、ぜひご検討ください。

導入効果

生産者イメージ画像:生産者の顔写真を添付。購入者に対し農作物の安全性と信頼性を訴求。 農産物イメージ画像:デジタルカメラで撮影した農産物の画像を貼付 販売者名 キャッチコピー:目を引くキャッチコピーで売上アップ! コメント:有機野菜、成分表示など訴求ポイントの効果的な表示 QRコード:生産者情報の公開でトレーサビリティを強化。 キヤノンのカラーラベルプリンターを使えば、フルカラーラベル作りも簡単!

導入事例

さいたま春日部市場株式会社

「より美味しく」「安心で」「健康的な」商品を消費者に提供するための取り組みのひとつとして社内でのラベル作成をはじめた。

生産者ラベル発行におススメなラベルプリンター

写真・イラストの高発色が求められる商品ラベルに。

長期の耐候性、耐水性が求められる商品ラベルに。

限られたスペースでも使用可能な顔料インク搭載コンパクトモデル。

ラベルプリンター 購入前のご相談・お見積もり・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ラベルプリンターの購入前のご相談・お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 9時00分~17時00分

※土日祝日・当社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ