カラーラベルプリンターが選ばれる6つの理由ラベルプリンター

COLOR LABEL PRINTER

ラベルの作成、在庫管理、納期、使用の各場面で生じる様々な課題。 キヤノンのラベルプリンターが、お客さまの課題解決をお手伝いします。 ここでは、カラーラベルプリンターの導入で得られる6つのメリットを、イラストで分かりやすくご説明いたします。

カラーラベルプリンターの導入メリット

①プレ印刷が不要

無地の用紙にすべての要素を一度でフルカラー印刷できるので、プレ印刷ラベルが不要となります。プレ印刷が不要となることで、業務改善につながる様々な効果が得られます。

従来のプレ印刷の場合:プレ印刷方式ではラベルの種類に応じて用紙を準備  カラーラベルプリンターの場合:無地の用紙に様々なデザインのラベル印刷が可能

②プレ印刷が不要だから!ラベル在庫の削減

これまでのプレ印刷の場合、あらかじめラベルの枠やカラー部分を印刷したプレ印刷ラベルを在庫する必要がありました。カラーラベルプリンターなら、無地のラベルだけを在庫すればよく、ラベルの在庫管理業務の負担を軽減できます。また、これまでのラベル在庫スペースを有効活用できるようになります。

従来のプレ印刷の場合:大量のプレ印刷ラベルを在庫  カラーラベルプリンターの場合:無地ラベルのみの在庫でOK。在庫管理業務が改善します。

導入事例

カラーの作業指示ラベルを部材に貼り付けることで、作業効率が向上しました。

業種
住宅建材製造業
出力物
作業指示ラベル

③プレ印刷が不要だから!納期を大幅短縮

これまでのプレ印刷方式でカラーラベルを作成するには多くの工程が必要でしたが、社内でデザインしてその場でプリントできるカラーラベルプリンターなら、納期を大幅に短縮して必要な時にすぐ使用できます。

モノクロラベルプリンターによるプレ印刷方式の場合 印刷会社に発注 デザイン制作 仮刷り・校正 印刷 ラベル納品 モノクロラベルプリンター キヤノン カラーラベルプリンターの場合 パソコンでデザイン制作 無地の用紙にプリント 納期短縮工程削減

導入事例

オリジナルのラベルを1枚から作成でき、商品に新たな付加価値が生まれました。

業種
食料品小売業
出力物
商品表示ラベル・内容表示ラベル

④プレ印刷が不要だから!デザインの異なるラベルも一度に印刷可能

これまでのプレ印刷方式ではラベルの種類を変えるたびに、用紙の交換作業が発生していましたが、カラーラベルプリンターなら無地ラベルから様々な種類のラベルを作成でき、用紙交換の手間も省けます。

従来のプレ印刷の場合:ラベルの種類を変えるたびに用紙を交換  カラーラベルプリンターの場合:無地のラベル用紙から用紙交換なしでさまざまなラベルを作成 ※ラベルのサイズが同じ場合

⑤しかも!急なデザイン変更にも対応可能

小さな情報修正でも、大きなレイアウト変更でも、社内で簡単に対応可能。また、新製品開発時に必要となる試作ラベルも機密情報を外部に漏らすことなく作成できます。

新製品情報 機密情報 社内でデザイン制作 無地の用紙にプリント 試作品のラベル開発も社内で完結! 機密情報を社外に漏洩しません

⑥さらに!ラベルのカラー化でミスを防止

モノクロの出荷指示ラベルでは出荷ミスやピッキングミスが発生しがちでしたが、識別のしやすいカラーラベルならミスを防止し、作業効率の向上も可能に。さらに見やすいラベルで、取引先からの信頼性も向上します。

従来のプレ印刷の場合:見落とし、見間違いで積み残しが発生  カラーラベルプリンターの場合:ラベルのカラー化でミスを防止

導入事例

病院内物流管理システム(SPD)とラベルプリンターを連携、円滑な物流と確実な保険請求を実現しました。

業種
病院
出力物
SPDラベル

カラービットを印刷したラベルで、業務の効率化と荷物情報の共有化が図れました。

業種
陸運業
出力物
荷札ラベル

その他の導入事例を見る

ラベルプリンター 購入前のご相談・お見積もり・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

Webサイトからのお問い合わせ

ラベルプリンターの購入前のご相談・お問い合わせを承ります。

0570-08-0064

ナビダイヤルにお繋ぎします。
受付時間:平日 9時00分~17時00分
※土日祝日・当社休業日は休ませていただきます。