社員証/入館証の発行業務カードプリンター

ICカードのリユースで、社員証/入館証の作成コストと業務を劇的改善

社員証/入館証の発行業務でこんなお悩みはありませんか?

  • 身分証用にICカードを導入したが、従業員の出入りの度に割高なICカードを廃棄、発注しておりコストがかさむ
  • ICカードの印刷コストが思ったより高い
  • 一回数十名分のカード発行に時間がかかっている

キヤノンのカードプリンターで解決

シール紙に印刷し、ICカードへ貼付け。ICカードを破棄せず再利用でコスト削減!

光沢シール紙への印刷で、その場で簡単に社員証や入館証(IDカード、ICカード)を作成できます。外注ではなく社内で社員証を印刷したい方、1枚から低コストに社員証を印刷したい方に最適で、通常の社員証は勿論、ICカード式の社員証にもお使い頂けます。プラスチックカード専用プリンターによるICカードへの直接印刷や外注印刷に比べて格段に低コストで社員証や入館証の内製化を実現します。

導入効果

  • シール紙光沢はPET素材だから破れにくい
  • シール紙光沢のコストは1枚約30円から。ICカードへの直接印刷と比較し低コストで印刷可能
  • 高額なプラスチックカード専用プリンターの導入も不要
  • シール紙だけでなく、名刺もプラスチックカードにも印刷可能だからさまざまな用途に使える

キヤノン カードプリンターなら、簡単3ステップ作成!

(1)年賀状ソフトのように、データベースから選択し、印刷 (2)シール紙をセットしておけば50枚/分の速度で印刷 (3)ICカードにシール紙を貼り付ける

導入事例モデルケース

東京都 H市病院様

使用用途
職員証の発行、名刺出力
導入機種
CX-G2400+ImageCreate SE

背景・きっかけ

職員証をICカードで運用していたが、職員の出入りが多いため多額のICカード発行コストが発生していた。

選定ポイント

職員証はICカードのため、光沢シール紙に印刷しICカードに貼り付けて運用することでコストを削減できる。(ICカードは再利用)また、外注していた名刺も内製することでコスト削減につながる。

運用方法で比較

プラスチックカード専用プリンターでICカードに直接印刷する場合と、キヤノンカードプリンターでシール紙に印刷してICカードへ貼る場合の運用コストを比較すると、作成枚数が多ければ多いほどシール紙運用のコストメリットが際立ちます。

  シール紙に印刷し、ICカードへ貼付け。
ICカードを破棄せず再利用する運用の場合。
ICカードへ直接印刷する運用の場合。
キヤノン カードプリンター
CX-G2400
一般的なプラスチック
カード専用プリンター
1枚単価(カラー片面印刷) 約33.5円/枚※1
(メディア代:約31.5円+インク代:2円)
約1,050円/枚
(メディア代:ロットによる
インク代:約50円)
印刷速度 カラー 50枚/分
(15~20倍の生産性)
約2.4枚/分
モノクロ 約15枚/分
ファーストプリント 約7秒 約25秒(カラー)、約6秒(モノクロ)
メディア種類 紙、シール紙、プラスチックカード、ICカード ICカード、プラスチックカード
自動両面 × ○(機種により対応可)
印字可能なプラスチック素材 PET※2(シール紙上紙光沢ホワイト角丸) PVC、PET-G
  • 2014年10月16日現在。キヤノンマーケティングジャパン調べ
  • ※1.
    下記の[社員証サンプル画像]を印刷した場合
  • ※2.
    市販のPVC、PET-Gタイプのプラスチックカードには印字できません。
入館証
社員証

キヤノン純正シール紙光沢の仕様

キヤノン カードプリンター専用のシール紙です

上紙サイズ
84mm × 52mm
(ICカード85.6mm × 54.0mmより全周約1mm小さいサイズ)
素材
PET(破れにくい)
  • 接触型ICカード(券面に端子チップが付いているタイプ)の券面へのシール紙を貼り付ける運用は、端子チップの読み取りに影響が生じる可能性があるため推奨いたしません。

導入事例

関連商品

こちらもおすすめ

サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。

カードプリンターのご相談・お見積もり・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 カードプリンター担当

導入に関するご相談やご質問、お見積もりのご依頼は 専用の窓口フォームからお気軽にお寄せください。

ウェブサイトからのお問い合わせ