社員証をICカードにしたい!FeliCaシールでIC運用を手軽に低コストで作成する方法カードプリンター

社員証をICカードにしたい!FeliCaシールでIC運用を手軽に低コストで作成する方法

「働き方改革」のもと、厚生労働省が提唱する『ワーク・ライフ・バランス』推進に注目が集まる中、労働時間の適切な管理のため、ICカードを導入する企業が増えています。
社員証のICカード化は、FeliCaやMifareカードを使用しますが、メディア自体が比較的高価になりがちです。高価なカードタイプではなく、FeliCaシールを活用する方法もあります。
ここでは、FeliCaシールで社員証をIC化することで、手軽に低コストで実現する方法をご紹介します。

社員証のICカード化を検討する際、よくあるご要望・課題

  • 労働時間管理の適正化を図るため、ICカード社員証を導入したい・・・
  • ICカードの導入およびランニングコストが想定より高い・・・
  • 外注価格が思ったより高い。特に紛失再発行時の1枚単価が高い・・・

FeliCaシールで社員証をIC化する3つのメリット

FeliCaシールをプラスチックカードの裏面に貼付けることで、社員証のIC化を手軽に低コストで実現できます。

社員証(表面)→ 社員証(裏面)FeliCaシールを貼付け
ICカードより低コスト
FeliCa Standardカードはセキュリティー性や拡張性が高い分、比較的高価になりがちです。セキュリティーや機能を最低限に抑えたFeliCa Lite-Sのシールタイプなら、低コストでの運用が可能です。
将来的な拡張にも柔軟に対応可能
勤怠システムや複合機の印刷管理との連携でIC運用を考えている場合でも、FeliCaシールを活用すれば柔軟にIC化を図ることができます。
既存資産を活用可能
プラスチックカードや紙タイプの社員証をすでに利用中の場合でも、FeliCaシールを裏面に貼り付けることで、リーダライタと非接触で通信することが可能になります。既存の資産を活用し、手軽にIC運用をはじめることができます。

FeliCaシールの使い方

1. 年賀状ソフトのように、データベースから選択し印刷 2. プラスチックカード表面に社員証を印刷 3. プラスチックカードの裏面にFelicaシールを貼り付ける
  • 干渉を避けるため、ICカードにFeliCaシールを貼り付けたり、1枚のICカードに複数のFeliCaシールを貼らないでください。
  • FeliCaシールのチップ部分の破損を防ぐため、FeliCaシールを貼り付けたプラスチックカードは、ケースに入れてのご使用をお勧めします。

FeliCaシールのIC運用例

FeliCaLite-Sシールには、固有のIDmがあります。各システムがIDm認証に対応していれば、IDmを認証テーブルへ登録することで連携が可能です。

勤怠管理/印刷・コピー管理/キャビネット管理
  • IDmとは、FeliCaシール製造時にICチップに記録され書き換えができない固有のID番号です。

関連商品

こちらもおすすめ

サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
  • FeliCaは、ソニー(株)が開発した非接触ICカードの技術方式で、ソニーの登録商標です。
  • Mifareは、NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。

カードプリンターのご相談・お見積もり・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 カードプリンター担当

導入に関するご相談やご質問、お見積もりのご依頼は 専用の窓口フォームからお気軽にお寄せください。

ウェブサイトからのお問い合わせ