Canon Security Days 2018~最新セキュリティの情報に触れられる2日間のセミナーイベント~

セミナーセッション

会場:3階 ホール S
定員:各日250名

12:45-13:30
(45min)
受付
13:30-14:10
(40min)
セッション番号
S1-1

サイバー攻撃から企業を守るために必要な「5つの備え」とは

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
セキュリティソリューション企画部 部長 石川 滋人

講演内容
進化するサイバー攻撃への対応を迫られる中、クラウドサービス利用の拡大やテレワーク実現には新たなセキュリティ対策も必要となります。
セキュリティリスクが増大する一方で、より安全にITを利活用していくためにはどんなセキュリティ対策が必要か。バランスのとれたセキュリティ対策の視点について具体的に解説します。

14:10-14:25
(15min)
休憩
14:25-15:05
(40min)
セッション番号
S1-2

ウェブサイトへの侵入事件の現状と今しておくべき効果的な対策

EGセキュアソリューションズ株式会社
代表取締役 徳丸 浩 氏

講演内容
ウェブサイトを安全にするための技術的な方法論は確立してきましたが、実際には危険なサイトが非常に多く、また侵入事件も後を絶たないのが現状です。
本講演では、危険なウェブサイトの現状と、安全なウェブサイトを構築するためのローコストで効果的な方法について説明します。

特別講師のご紹介
徳丸 浩 氏

1985年京セラ株式会社に入社後、ソフトウエアの開発、企画に従事。
1999年に携帯電話向け認証課金基盤の方式設計を担当したことをきっかけにWebアプリケーションのセキュリティに興味を持つ。2004年同分野を事業化。 2008年独立して、Webアプリケーションセキュリティを専門分野とするHASHコンサルティング株式会社(現EGセキュアソリューションズ株式会社)を設立。2015年 イー・ガーディアングループに参画。
脆弱性診断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉強会などを通じてセキュリティの啓蒙活動をおこなっている。著書に、「徳丸浩のWebセキュリティ教室」(日経BP社)「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践(ソフトバンククリエイティブ)」がある。
EGセキュアソリューションズ株式会社代表、京セラコミュニケーションシステム株式会社技術顧問、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)非常勤研究員。技術士(情報工学部門)。

15:05-15:30
(25min)
休憩(軽食をご用意しております)
15:30-16:10
(40min)
セッション番号
S1-3

予防だけでは終わらないこれからのセキュリティ対策~攻撃検知と復旧への備え~

特定非営利活動法人
日本ネットワークセキュリティ協会 持田 啓司 氏

講演内容
多様化、ビジネス化しているサイバー攻撃。
さまざまな脅威に対抗するためには、その手口を知るとともに、攻撃を早期に検知し、いかに早くビジネスモードに復旧することができるかが重要であり、そのためのインシデント対応の考え方をご紹介します。

特別講師のご紹介
持田 啓司 氏

ラックの技術動向調査・研究部門において、調査研究・啓発活動等を担当。
情報セキュリティ業界での活動にも並行して携わる。
・(独)IPA 情報処理推進機構
情報処理安全確保支援士講師認定委員会 委員長
情報処理安全確保支援士講習統括委員会 委員
産業サイバーセキュリティセンター事業有識者委員会 委員
・NPO 日本ネットワークセキュリティ協会
情報セキュリティ教育事業者連絡会 代表

16:10-16:25
(15min)
休憩
16:25-17:05
(40min)
セッション番号
S1-4

テレワークで変わる情報セキュリティ
~クラウド、私物PC、私物スマホとどう向き合えばいいのか~

S&J株式会社
代表取締役社長 三輪 信雄 氏

講演内容
政府の掲げる働き改革が浸透していくとともに、テレワークのニーズが急速に高まっています。しかし、セキュリティ対策をどうすればいいのかがわからないので、導入に踏み切れない企業が多くなっています。
本講演では、テレワーク導入がクラウドや私物機器の利用など、変化する情報セキュリティに対する考え方について解説します。

特別講師のご紹介
三輪 信雄 氏

S&J株式会社 代表取締役社長、総務省 最高情報セキュリティアドバイザー、産業構造審議会 商務流通情報分科会 情報経済小委員会委員、その他非公開政府系委員、上場企業情報セキュリティ委員会委員

【経歴】
株式会社ラック代表取締役社長を経て、平成20年11月S&J株式会社を設立。
1995年に日本の情報セキュリティビジネスの先駆けとして事業を開始し、情報セキュリティ業界をリードしてきた。技術者から経営者まで広い視野を持つ。政府系委員も数多くこなし、セキュリティ関連政策への提言を行っている。各種表彰、著書・講演も多数。数多くのインシデント対応の経験を通して、実践的なセキュリティ対策、体制についての考えを持つ。

ワークショップ

会場:セミナールーム
定員:各日10名

  • プログラム内容は予告なく変更する場合があります。

13:30~

【W1-21】

13:30~14:10

CSIRT

キヤノンMJグループ18,000人のサイバーセキュリティは私たちが守ります。3年目を迎えたCanon MJ-CSIRTはどんな活動を行ってきたのか!

キヤノンマーケティングジャパン株式会社


キヤノンMJグループ18,000人のサイバーセキュリティの専門支援チーム「Canon MJ-CSIRT」は、3年目を迎えました。セキュリティ企業でもIT企業でもない販売会社のCSIRTは活動はどんな活動をしてきたのか、担当者がここでしかできない苦労話を交えながら紹介いたします。
質疑応答や意見交換など、同様のお立場の皆様に少しでもお役立ていただければと思います。

【W1-31】

13:30~14:10

中小オフィス向けセキュリティ

Society 5.0 時代の中小オフィスに求められるセキュリティ「5つの備え」

キヤノンマーケティングジャパン株式会社


Society 5.0において、企業を取り巻く環境も変わる中で、中小オフィスに求められるセキュリティも変化しています。中小オフィスに求められるセキュリティ対策について、「5つの備え」と、それらに対応する「HOME」サービスをご紹介いたします。特にUTM未導入のお客さまは必見です。

【W1-41】

13:30~14:10

Webコンテンツフィルタリング

最新サイバー攻撃からみた脅威動向といま必要なセキュリティ対策とは

キヤノンITソリューションズ株式会社


働き方改革による業務環境の多様化やクラウドサービスの普及にともない、Webを利用した業務の重要度は増す一方で、サイバーセキュリティの脅威は、多種多様に日々高度化しています。
本セッションでは、実例を交え最新のサイバーセキュリティ脅威を紹介し、適切な対策をするために着目すべきポイントを解説します。

【W1-51】

13:30~14:10

エンドポイントセキュリティ

実は危ない!働き方改革にクラウドセキュリティが必須なワケ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社


働き方改革を促進している企業ではクラウド、IoTなど新たなインフラ環境を構築し、生産性を向上させています。
しかし、そこには新たなセキュリティリスクや情報漏えいなどが発生します。
本セミナーでは、新たに発生するセキュリティリスクとは何か、またその対応策にはどのような手法があるかをわかりやすくご説明します。


14:25~

【W1-22】

14:25~15:05

SOC

巧妙化するサイバー攻撃から人と組織を守る

キヤノンITソリューションズ株式会社


個人情報保護法改正、GDPRなど法制度が整備されるなか、巧妙化するサイバー攻撃により、発覚が遅れて被害が拡大するケースも見られます。経営資源を守るため、攻撃に対する早期発見、事態の把握、防御など対応する体制が必要です。適切な対策とそれを維持するためのポイントを解説します。

【W1-32】

14:25~15:05

エンドポイントセキュリティ

エンタープライズ向けセキュリティ対策!サイバー脅威の検知、対応、予測まで。
~ESET製品のご紹介~

キヤノンITソリューションズ株式会社


検出精度の高いマルウェア対策製品として地位を確立してきたESETセキュリティソフトウエアシリーズに、さらにサイバー脅威の検知、対応、予測まで行う新たなエンタープライズ向け製品が登場。ESETエンドポイント製品の新バージョンとともに、新たなEDR製品についてご紹介いたします。

【W1-42】

14:25~15:05

エンドポイントセキュリティ

GDPR施行で待ったなし!個人情報保護とエンドポイントセキュリティ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社


改正個人情報保護法やGDPRなど、個人情報の保護に関する新たな法規制が施行され、多くの企業にとって大きなインパクトを与えています。
また標的型攻撃やファイルレスマルウェアなど、従来型の対策だけでは対処できないサイバー攻撃も日常化しており、個人情報を取り巻く環境は大きく変化しております。
当セミナーでは、個人情報保護を取り巻く法規制の概要をご紹介するとともに、エンドポイントセキュリティ対策がなぜ重要なのか、またその対応のポイントや有効的かつ効率的に対策可能なソリューションのご紹介を行います。

【W1-52】

14:25~15:05

エンドポイントセキュリティ

働き方改革とセキュリティ
~これからの時代に求められる脆弱性管理と内部不正対策をご紹介~

クオリティソフト株式会社


働き方改革の推進やモバイル端末の増加等、ITを取り巻く環境は大きく変化しています。 その背景でランサムウェアの流行や標的型攻撃の巧妙化等、サイバー攻撃の脅威も日々大きくなっています。
本セミナーでは働き方改革実現のための課題となるモバイル端末の管理を中心に、おさえておくべきセキュリティ対策をご紹介します。


15:30~

【W1-23】

15:30~16:10

脆弱性アセスメント

脆弱性は放置する時代から管理する時代に
~脆弱性診断のすすめ~

キヤノンITソリューションズ株式会社


不正侵入、標的型攻撃、マルウェア…攻撃者は様々な方法で、お客さまの資産を狙っており、企業はセキュリティ対策に追われています。
どんなに欠陥がないように細心の注意をはらってシステムを作っても人間が作るものなので、100%完璧にはできません。脆弱性を放置せず、管理する方法をご紹介します。

【W1-33】

15:30~16:10

マルウェア対策

【ESETユーザー向けセミナー】
ESET Endpoint Protection シリーズ 最新バージョンへのすすめ

キヤノンITソリューションズ株式会社


ESET Endpoint Protectionシリーズから、クライアントプログラムと管理用プログラムのバージョンアップについてご紹介します。最新バージョンへバージョンアップすることのメリットや円滑な乗換方法などご紹介した後、ユーザー様と弊社ESET技術者との相談会を予定しております。

【W1-43】

15:30~16:10

クライアント運用管理

いま求められる情報漏洩対策
~内部からの情報漏洩と外部攻撃の2軸対策法~

Sky株式会社


社員による内部からの情報漏洩・PCの紛失・盗難、外部からの標的型攻撃など、企業が抱える情報漏洩やセキュリティの課題について、「外部から」「内部から」の2つの視点で対策方法を考えます。最新の「SKYSEA Client View」を利用したクライアントPCからの情報漏洩・セキュリティ対策に有効な対策例をご紹介します。

【W1-53】

15:30~16:10

無線LANセキュリティ

安心・安全の無線LANネットワーク講座
~知っておくべき5つのポイント~

株式会社ソリトンシステムズ


製品を問わず「駆け込み寺」あるいは「かかりつけ」のような相談場所があれば、心強くありませんか?
国内外のメーカーとさまざまな事例に対応してきたソリトンシステムズがスマートフォンやタブレットに欠かせぬ無線LANのセキュリティについて解説します。


16:25~

【W1-24】

16:25~17:05

Office 365セキュリティ

ビジネスメール詐欺の被害にあわないためには
~知っておくべき手口と対策~

キヤノンITソリューションズ株式会社


国内大手企業での億単位の被害が報道され注目が高まるビジネスメール詐欺(BEC)。BECによる被害の回避と従来どおりのメール業務遂行のために、IT管理者が考えるべきこととは?BECの最新の攻撃手法とOffice 365での対策ソリューションを解説します。

【W1-34】

16:25~17:05

マルウェア対策

マルウェア対策の勘所
~インシデント発生時、まずなにをしますか? セキュリティソフト100%活用のご案内~

キヤノンマーケティングジャパン株式会社


攻撃者が狙ってくる弱点(セキュリティホール)を理解し、平時にどのような対策をすべきか、有事になにを優先してケアすべきかを解説します。
本セッションでは、マルウェア対策ツールを効果的に活用し、網羅的なセキュリティ対策を進めるためのヒントとソリューションをご紹介します。

【W1-44】

16:25~17:05

暗号化・トークナイゼーション

企業や組織に求められるネットワーク防御とデータ保護対策

キヤノンITソリューションズ株式会社


IoTデバイスの急激な普及により2020年にはネットワークへの接続端末機器が530億を超えると予想されており、東京オリンピック・パラリンピックに向けてはサイバー攻撃の増加が予想されます。本セッションでは、ネットワーク防御と個人情報保護やGDPRで求められるデータ保護対策についてご紹介いたします。

【W1-54】

16:25~17:05

エンドポイントセキュリティ

エンドポイントセキュリティの新時代
~「保護と対応」を重視する、DIYで実現するセキュリティ対策~

株式会社FFRI


Windows7の延長サポート終了が2020年1月14日と迫ると同時に、エンドポイントに求められる セキュリティは新時代へ突入しています。
サイバー攻撃の高度化が進む中で、シンプルで継続可能なセキュリティ運用を実現する、FFRIが考える新時代で求められるエンドポイントセキュリティ対策をご紹介します。

オンラインセミナー

定員:各日100名

  • プログラム内容は予告なく変更する場合があります。

【L1-1】

13:00~13:45

脆弱性アセスメント

脆弱性は放置する時代から管理する時代に
~脆弱性診断のすすめ~

キヤノンITソリューションズ株式会社


不正侵入、標的型攻撃、マルウェア…攻撃者は様々な方法で、お客さまの資産を狙っており、企業はセキュリティ対策に追われています。
どんなに欠陥がないように細心の注意をはらってシステムを作っても人間が作るものなので、100%完璧にはできません。脆弱性を放置せず、管理する方法をご紹介します。

【L1-2】

14:15~15:00

Office 365セキュリティ

ビジネスメール詐欺の被害にあわないためには
~知っておくべき手口と対策~

キヤノンITソリューションズ株式会社


国内大手企業での億単位の被害が報道され注目が高まるビジネスメール詐欺(BEC)。BECによる被害の回避と従来どおりのメール業務遂行のために、IT管理者が考えるべきこととは?BECの最新の攻撃手法とOffice 365での対策ソリューションを解説します。

【L1-3】

15:30~16:15

クライアント運用管理

働き方改革とセキュリティ
~これからの時代に求められる脆弱性管理と内部不正対策をご紹介~

クオリティソフト株式会社


働き方改革の推進やモバイル端末の増加等、ITを取り巻く環境は大きく変化しています。
その背景でランサムウェアの流行や標的型攻撃の巧妙化等、サイバー攻撃の脅威も日々大きくなっています。
本セミナーでは働き方改革実現のための課題となるモバイル端末の管理を中心に、おさえておくべきセキュリティ対策をご紹介します。

【L1-4】

16:45~17:30

SOC

巧妙化するサイバー攻撃から人と組織を守る

キヤノンITソリューションズ株式会社


個人情報保護法改正、GDPRなど法制度が整備されるなか、巧妙化するサイバー攻撃により、発覚が遅れて被害が拡大するケースも見られます。経営資源を守るため、攻撃に対する早期発見、事態の把握、防御など対応する体制が必要です。適切な対策とそれを維持するためのポイントを解説します。

セキュリティに関するお問い合わせ

メールでお問い合わせ

ウェブサイトからのお問い合わせ