このページの本文へ

Microsoft 365を保護する高度なセキュリティ
Inbound Security for Microsoft 365

Microsoft 365をすり抜けた脅威 年間約2,570万件

2021年で、Microsoft 365をすり抜けてTrend Micro Cloud App Securityで検知された高度な脅威の数は約2,570万件にのぼります。
これらの脅威の侵入経路としてメールが広く利用されていますが、昨今では従来のアンチウイルス・アンチスパムでは検知できない手法(Emotetやビジネスメール詐欺(BEC)など)が広まっており、メールやストレージの保護は喫緊の課題となっています。

130名以上の情報システム担当者に自社の外部脅威対策の実体を聞きました

こんなお困りごと、ありませんか? Microsoft 365標準のセキュリティ機能に不足・不安を感じている 手間なくセキュリティ強化をしたい BEC対策(ビジネスメール詐欺対策)を行いたい メールはもちろんストレージサービスもセキュリティ対策を行いたい サンドボックス機能を利用したい パスワード付きファイルは受け取りたくない

メールもストレージも保護する Inbound Security for Microsoft 365

Inbound Security for Microsoft 365 特長

POINT1 導入がカンタン

Microsoft 365とAPIでカンタン連携。
メール通信の経路を変える必要がなく、最短1週間で運用を開始できます。

POINT2 運用がラク

Microsoft 365のユーザー情報、グループ情報などを自動で取得するため、選任者がいなくても負担なく運用が可能です。

POINT3 高度なセキュリティ

6つの機能が攻撃メールの手法に応じた多層防御を実現。利用者を多角的に防御します。

Microsoft 365を保護する高度なセキュリティ機能

①スパムメール対策機能

メール本文の検査を行い、ビジネスメール詐欺(BEC)、ランサムウェア、フィッシングなどスパムメールを検出します。

②不正プログラム検索機能

メールやストレージにアップされるファイルの検査を行い、マルウェアを駆除、または隔離します。

③ファイルブロック機能

特定のファイルタイプを指定し、当該拡張子のファイルが添付されているメールやストレージへのアップロードをブロックします。

④Webレピュテーション機能

メール本文や添付ファイル内に含まれるURLの検査を行い、不審なURLが含まれていた場合、メールを削除または隔離します。

➄情報漏えい対策機能

ファイル内の文章の検査を行い、個人情報など規定条件に一致したファイルのストレージへのアップロードをブロックします。

⑥仮想アナライザ機能

仮想OS上でファイルを実行し、挙動を確認する機能です。
検体解析をすることで、未知のウイルスを検出し隔離、削除します。

メールやストレージなど幅広いビジネスコミュニケーションツールを保護

連携できるクラウドアプリケーションは、Microsoft 365、Google Workspace、Box、Dropboxがあります。
  • Microsoft 365 ビジネスプラン
    • Exchange Online
    • SharePoint Online
    • OneDrive for Business
    • Microsoft Teams
  • Microsoft 365 教育機関向けプラン
  • Microsoft 365 非営利団体向けプラン
  • Google Workspace
    • Google ドライブ
    • Gmail
  • Box ビジネスプラン
  • Dropbox ビジネスプラン

ブロックできる脅威

  • Emotet
  • 標的型サイバー攻撃
  • マルウェア
  • ビジネスメール詐欺(BEC)
  • フィッシング
  • スパムメール
  • ランサムウェア
  • 情報漏えい
  • 不正プログラム など

評価版ライセンスを利用してセキュリティ・リスクを知ろう!

評価版ライセンスご利用のメリット

無償ですべての機能をお試しいただけます
評価期間中(最大30日)の設定支援やQA対応も無償
負担の少ないAPI連携で約1週間で開始可能です
無償健康診断レポートをご報告いたします
特定部門のみからなどスモールスタートが可能
評価後の本番導入もかんたんです

無償健康診断とは

かんたんにご導入いただける評価版ライセンスをご利用いただくと、ご利用中のMicrosoft 365/Gmailをすり抜けてしまう“セキュリティ・リスク”がわかる無償健康診断サービスのご利用が可能です。

無償健康診断では、メール脅威(スパム、ウイルス)、ランサムウェア、未知のウイルス、BEC(ビジネスメール詐欺)の送受信状況を検査し、その診断結果をレポートでご報告いたします。


  • 調査期間:3~5週間
  • 検出方法:ログ検出モードにて診断(メールやファイル運用に支障はありません)

評価版ライセンス(無償健康診断)のお申し込み

料金

初期費用 0円! 月額300円* *1ユーザーあたり月額換算の税抜き価格 料金例:600人規模の企業さまが全社でMicrosoft 365のセキュリティ強化をした場合 600ライセンス×300円→合計180,000円/月
最低契約ライセンス数 5ライセンス
追加購入時の最低契約ライセンス数 5ライセンス
ライセンスの課金対象 ユーザー数
最低利用期間 1年間
契約開始日 サービス利用開始日の月初1日

サービス開始まで最短1週間

STEP1 申込書記入 5営業日以内 STEP2 登録完了 STEP3 初期設定&ご利用開始 ※3,4

  • ※1.
    「スタートアップガイド」を参照し、初期設定を実施してください
  • ※2.
    「セキュリティ設定設計補助資料」を参照し、必要に応じて設定をチューニングしてください
  • ※3.
    各種資料はお申し込み後にご案内いたします

よくあるご質問

Q1
Inbound Security for Microsoft 365に対応しているクラウドアプリケーションはMicrosoft 365だけですか?
A1

いいえ。メールではMicrosoft 365の他にGoogle Workspaceにも対応しています。メール以外にもSharePointやOneDrive、boxなどのオンラインストレージ、また、Teamsの保護が可能です。

Q2
API連携とはなんですか?
A2

API(Application Programming Interface)とはソフトウェアの機能を共有できる仕組みのことをいいます。APIでやり取りを行うことにより、メール通信の経路変更など既存環境を変更する必要がないため、管理者・利用者双方に負担なく、容易にInbound Security for Microsoft 365を導入いただくことが可能です。

Q3
初期費用はかかりますか?
A3

いいえ。初期費用はいただいておりません。ただし、各種の設定はお客さまにて作業をお願いしております。

Q4
利用ライセンスのカウント対象について教えてください。
A4

本サービスを利用する利用者数(頭数)をカウントしてください。配布グループや共有メールBOXのメールアドレス数はカウント対象外です。ただし、配布グループや共有メールBOXを利用するメンバーは、課金対象の利用者に含まれている必要があります。

Q5
例えばMicrosoft 365とboxなど、複数のクラウドアプリケーションでInbound Security for Microsoft 365を利用する場合、利用ライセンスのカウント対象はどうなりますか?
A5

両方のサービスを利用する利用者数(頭数)をカウントしてください。Microsoft 365とbox双方を使っている場合、その利用者を重複してカウントする必要はありません。

Q6
一部のユーザーだけで利用することはできますか?
A6

はい。ご利用可能です。初期設定時に利用者を絞れるため、一部のユーザーだけに利用させることができます。

Q7
管理画面のダッシュボードからはどのような情報を確認できますか?
A7

脅威の検出数や指定した期間中のセキュリティリスクの概要などを図やグラフで確認できます。

Q8
仮想アナライザとはなんですか?
A8

いわゆるサンドボックスのことで、仮想OS上でファイルを実行させ、挙動を確認する技術です。この技術を用いて検体解析することにより、未知の脅威の検出ができるため、より強固な保護を実現します。

Q9
本サービスを評価利用することはできますか?
A9

はい。1か月間、無償にて評価利用いただくことができます。

Q10
無償健康診断とはなんですか?
A10

ご利用のメール環境での“セキュリティ・リスク”の有無/数量/脅威レベルなどの分析を⾏い、レポートを作成する無償のサービスです。現状把握と対策の有効性評価にご活⽤ください。

Microsoft 365/Google Workspace セキュリティ強化をご検討の企業さま

Inbound Security for Microsoft 365に関するお問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社