特長・機能Report Viewer II

特長

効率的な帳票保管

自動的に仕分け、電子保管することにより、帳票を参照するまでの時間やコストを大幅に削減します。保管に必要なスペースコストも削減することが出来ます。

帳票の有効活用

帳票データをCSVに書き出して加工するなど、帳票データの二次利用を促進します。さらに、SOAオプションにより、外部システムとの連携も容易に行うことが可能です。

高い保守性、信頼のシステム

障害通知メールや細かな設定が可能なアクセス管理やデータ管理により、管理者の負担を軽減することで保守性を向上。

高いセキュリティを実現

ユーザーIDごとのアクセス権設定やSSL、デジタル証明書などのセキュリティに対応。また、アクセス端末の制限や、特定のユーザー・帳票の監視など、Report ViewerII 独自の機能でセキュリティを実現しました。

機能

閲覧性向上

PCの画面上で、帳票のそのままのイメージを閲覧することが出来ます。

  • 帳票の拡大、縮小表示
  • 帳票の縦横分割表示
  • 複数帳票の同時表示
  • 付箋、マーキング、スタンプ、コメント、印鑑などによるアノテーション
  • 帳票のブックマークへの登録、選択
  • 帳票の登録通知メールの発行
PCの画面イメージ

検索性向上

文字や数値、日付やコメントなど、様々な条件で素早く検索することが出来ます。

  • 文字、数値、日付による検索
  • インデックスによる検索の高速化
  • 複数行明細帳票の明細検索(パラグラフ検索)
  • 付箋、コメントによる検索
  • 暗黙項目による検索
  • 複数世代に対する串刺し検索
PCの画面イメージ

利便性向上

ユーザーのニーズに合わせて、帳票データを様々なスタイルで利用することが出来ます。

  • 名寄せ帳票作成機能
  • 帳票データのファイル出力(CSV、TEXT、HTML、XML)
  • Microsoft Excelなどの他アプリケーションの自動起動
  • 明細データを2次帳票として表示/印刷する
  • テンプレートによる定型作業のカタログ化
  • 複数行明細の帳票の検索および1行明細化
  • SOAオプションによる、外部システムとの連携強化
PCの画面イメージ

管理性向上

細かな設定が可能なアクセス管理やデータ管理により、管理者の負担を軽減します。

  • 仕分けキーによる自動仕分け
  • 運用と機能に応じた管理者設定
  • キャビネット、ディレクトリ、バインダによるデータ管理
  • 5段階のセキュリティレベルによる細かなアクセス管理
  • システムログへのファイル出力や障害時のメール通知
  • IPアドレスやMACアドレスによる認証強化(オプション)
PCの画面イメージ

レポーティングソフトウエアについてのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 デジタルドキュメントソリューション企画課

こちらのソリューションについてのご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ