デジタルカメラ開発支援パッケージCamera API Packageを提供開始

2019年3月6日

キヤノンマーケティングジャパン株式会社



キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、キヤノン製デジタル一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・一部のコンパクトデジタルカメラを遠隔操作できるソフトウェア・デベロップメント・キット(SDK)とアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)の提供を2019年3月7日より開始します。

おもな特長

"Camera API Package"を使用することで、カメラのリモート撮影や画像の取得が可能になるほか、カメラのシャッター速度、絞り数値、ISO感度の変更など各種設定をおこなうことができます※1。また、USB接続や無線通信でカメラを遠隔操作することができ、幅広い分野においてカメラを利用したシステム開発が容易になります。

Canon EOS Digital SDK(EDSDK)

キヤノン製デジタル一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・コンパクトデジタルカメラの遠隔操作をUSB接続でパソコンからおこなうためのSDK
対応OS:Windows⁄Mac

Camera Control API(CCAPI)

キヤノン製ミラーレスカメラ・コンパクトデジタルカメラ※2の遠隔操作を無線通信でパソコン・スマートフォン・タブレットからおこなうためのHTTP(HyperText Transfer Protocol)ベースのAPI
対応OS:OS非依存

  • ※1.
    カメラの機種により機能制限がある場合がございます。
  • ※2.
    対象製品は2019年3月時点において

取得方法

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 営業担当またはお客様相談センターまでお問い合わせください。なお、デジタルカメラ開発支援パッケージ "Camera API Package" は無償で提供しますが、サポートはありません。

関連情報

紹介ページ

お問い合わせ

このニュースリリースの内容に関して、以下の窓口にて、お問い合わせを承ります。

お客さまからのお問い合わせ先

お客様相談センター
電話番号 050-555-90002

報道関係者の方からのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 広報部
報道関係者の方からのお問い合わせは、下記リンク先よりお問い合わせください。

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。

また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。