働き方改革・生産性向上RPAツールを徹底比較。導入効果を最大化する6つのポイントとは

イメージ:RPAツールを徹底比較。導入効果を最大化する6つのポイントとは

RPAツールの導入は、テレワークの促進や人材不足の解消に取り組む企業で急速に進んでいます。キヤノンマーケティングジャパンでは2016年から取り組みを始め、現在は130以上の業務を自動化、年間76,000時間以上の効率化を達成しています。
前回は、RPAツールによる自動化が注目されている理由、導入効果、RPAに向いている業務と向いていない業務などを紹介しました。今回は、RPAツールの種類、導入効果を最大化するためのポイントを紹介します。

「RPAソリューション」についてのご相談、お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 デジタルドキュメントソリューション企画課

「RPAソリューション」についてのご相談、お問い合わせを承ります。

ウェブサイトからのお問い合わせ