PLASシリーズ|仕様 SISPLAS

SISPLAS

SISPLASは、SXPLASにSPDSコンバーターを装備した帳票編集ソフトウェアです。

ワークフロー

仕様

印刷資源

オーバーレイ登録 オーバーレイ定義で作成されたオーバーレイを使用できるようにSXPLAS用のイメージライブラリーに登録します。
印刷資源管理 SXPLAS用イメージライブラリーに登録されたオーバーレイデータを管理します。

ツール

MTユーティリティー MT操作をGUIで行います。
ナンバリング編集 個別情報ファイルに各種ナンバーを付加したり、新規にナンバーの個別情報ファイルを作成します。
部品ライブラリー 複数のフレームを部品として登録でき、再利用が可能です。
文字コード表 各コード系(JEF、IBMなど)での文字コードを指定して文字を入力できるようにします。
フォーム検索 指定されたテキスト(文字列)やフレーム名、ファイル名を含むフォームを検索します。
印刷資源 フォームに定義しているフレームの順番やスクリプト名、フレーム名などを印刷します。

動作環境

適応機種
(対応OS)
SUN SPARCstation/ULTRA シリーズ Solaris2.6以上
パソコン UNIX搭載のパソコン Solaris2.6 for x86以上
Linux 日本語 RedHatLinux6.1~
最小ディスク使用量 1GB(デモデータを含む)
最小メインメモリー 256MB 以上
スワップメモリー 256MB 以上
  • 全ての機能を使用するには、CDE(Common Desktop Environment)をインストールする必要があります。