PLASシリーズ|仕様 共通仕様

共通仕様

帳票レイアウト設計・編集

フォーム定義 内容
宛名、文章、イメージなどの領域を定義したフォーム版下の作成・編集をします。
バーコード種類 NW-7、JAN標準・短縮、CODE39、Industrial 2 out of 5、Interleaved 2 out of 5、物流標準、物流拡張、カスタマーバーコード、EAN128、QRコード※1
パラメーター定義 内容
処理すべき入力データの各位置や属性を指定します。
入力データ種類
固定長、CSV形式
(2バイト文字がEUC、SJISの場合のみ※2
入力コード種類
2バイト文字 JEF、IBM、JIPS、JIPSE、KEIS、EUC、SJIS
PCPLAS-liteのみUnicode、住基コード※3
1バイト文字 EBCDIC、EBCDIK、JIS
スクリプト定義 内容
処理の制御を定義するスクリプトを記述します。
オーバーレイ定義 内容
固定で印刷したい文章、罫線、イメージなどの領域を定義したオーバーレイ版下の作成・編集を行います。
グラフ定義※4 内容
グラフ定義の作成・生成ができます。種類の違うグラフを組み合わせることもできます。
グラフ種類
ステレオグラム、ヒストグラム、ポートフォリオチャート、円グラフ、散布図、折れ線グラフ、多角形グラフ
  • ※1.
    PCPLAS-liteのみ、EAN13、Matrix 2 out of 5、UPC(バージョンA、バージョンE、バージョンE拡張対応)。
  • ※2.
    PCPLAS-liteのみUnicode、住基コード。
  • ※3.
    オプション。
  • ※4.
    オプション。

データ編集

バッチ実行 フォーム版下、パラメーター定義ファイル、プリンターなどを選択し、バッチ処理を実行します。
ジョブ定義・実行 バッチ処理で指定する項目を定型処理用のジョブとして保存・実行します。
ログ表示 ジョブ実行で実行したジョブのログを表示します。