PLASシリーズ|特長

簡単な帳票作成

プログラミングが不要

PLASシリーズ パーソナルレター編集システム(PLASシリーズ)は、Personal Layout Automatic Systemを意味し、印刷データの作成が簡単にできる帳票編集ソフトウェアです。
フォーム編集やオーバーレイ編集はGUIにより指定できます。画面上の電子的な紙へフレーム(枠)を定義し、書体や各種装飾を定義することができます。

高度な組版機能

PLASシリーズには、スクリプトが標準装備されています。個人情報を埋め込んだ文章の移動流し込み、葉書の宛名の自動編集(文字サイズ、文字間、行間などの調整)、複数テキストファイルの任意の組み合わせを行った上でフレームに読み込むといった作業ができます。

画像データの編集と割り付け

PLASシリーズでは、文字データ同様に、地図や写真といった画像データを自動で流し込むことができます。

簡単な事前確認

印刷データを作成する前に、プレビュー機能やローカルプリント機能により事前確認ができます。プレビュー機能は事前確認用として画面へのプレビューを行うことができ、ローカルプリント機能は安価なローカルプリントへの出力テスト等を行うことができます。

幅広い対応

バーコード対応

PLASシリーズでは、編集時に種類豊富なバーコードに対応しています。帳票作成時に必要となるバーコードを簡単に編集できます。

データレコード形式

PLASシリーズへの入力となるデータレコード形式は、固定長もしくはCSV形式となっています。Windows環境のオープン系データに加えて、JEF、KEISなどの汎用機系データにも対応しています。

  • データレコード形式が「CSV」の場合は、EUCとSJISのみ選択可能です。

出力形式

レイアウト編集後、SXシリーズAPモード用印刷データ(SXPLAS、SISPLAS、PCPLAS-lite)、IJPDS印刷データ(IJPLAS)への生成だけでなく、PDF形式での出力ができます。紙への印刷だけでなく、画面上での確認や、電子帳票化も同時にできるので、保存性に優れています。

  • PCPLAS-lite for VS7120は、PDFのみの出力となります。