ICカード認証Pro for MEAP ADVANCE|特長MEAPアプリケーション

ICカードを使って手軽に認証

ICカードを使用してユーザーの一括管理が可能です。
ICカードを使用するので、IDやパスワードを覚えておく必要もなく、簡単に操作が行えます。

図:ICカードを使って手軽に認証

タッチパネルのキーボードを使用して認証

ICカードを忘れてしまった場合、キーボードを使用した認証により機器を利用可能にすることができます。

図:タッチパネルのキーボードを使用して認証

さまざまな個人認証機能との併用が可能

SSO認証(Active Directory連携)との併用

キーボードを使用した認証では、SSO認証を利用することも可能です。
Active Directoryと連携することで、普段PCで利用しているユーザー名・パスワードをそのまま利用し運用可能です。

図:SSO認証(Active Directory連携)との併用

ローカルデバイス認証との併用

ローカルデバイス認証では、複合機内にデバイスごとに登録したユーザー情報を照合するため、ネットワークに依存せず認証が可能です。ICカード認証サービスによるログインとローカルデバイス認証とを併用することで、ネットワークがダウンした際の運用手段としても利用可能です。

図:SDL認証との併用

ローカル認証サービス for MEAP ADVANCEとの併用

図:ローカル認証サービスとの併用

ローカル認証サービス for MEAP ADVANCEを併用して複合機内にもユーザー情報を登録しておけば、ネットワーク障害によりICカード認証サーバーを利用できないといったときでも、ローカル認証サービスを代替としてICカード認証を行うことが可能になります。

また、派遣社員や別部署に所属の人などがちょっとコピーをとりたいけれど、「ユーザーとして登録されていないからデバイスを使うことができない」などという場合、複合機内に一時的なユーザーを登録しておき、ローカル認証サービスを使用してデバイスを使用可能にするといった運用も可能です。

  • 別売

複合機の機能を個人ごとに制限 −機能の利用制限がカードごとにできる−

個人ごとの利用権限をサーバーで一元管理

図:個人ごとの利用権限をサーバーで一元管理

カードごとに複合機の使用を制限できます。Aさんは「カラーコピー不可」、Bさんは「コピー/プリントのみ可」、Cさんは「全機能使用可」など、個人ごとに利用できる機能を設定することができ、さらにセキュリティーの高い機器運用を実現可能です。
複合機が複数台ある場合でも利用権限をサーバーで一元管理するので、デバイスごとに登録する必要はありません。

  • ICカード認証for MEAP ADVANCE(FeliCa/MIFARE版)で対応可能です。
  • Access Management System 拡張キット(オプション)が必要です。

複合機の機能別に認証−必要な機能のみ認証することが可能−

図:複合機の機能別に認証

従来のデバイス認証とは別に、機能ごとに認証を設定することができます。
例えばコピー機能は認証不要で、送信機能やファクス機能の利用時にのみ認証が必要、という機能で、認証が不要な機能を使用するときは認証操作が不要になります。
制限機能を利用する以外のユーザーは認証操作が不要になるため、手間なく操作が可能です。複合機をさらに使いやすく、柔軟に運用することができます。

  • ICカード認証for MEAP ADVANCE(FeliCa/MIFARE版)で対応可能です。
  • Access Management System 拡張キット(オプション)が必要です。

既存のActive Directoryを有効利用したユーザー管理 −複合機から直接Active Directoryへ認証問い合わせ−

図:既存のActive Directory を有効利用したユーザー管理

ICカード認証for MEAP ADVANCEでは、Active Directoryにカードの情報を登録しておくことによって、ICカード認証サーバーを立てずにユーザー情報の一元管理が可能です。
カード情報をActive Directoryに追加することでWindowsネットワーク内のユーザー情報とともにシームレスに一元管理することが可能になります。

  • ICカード内に記録されているWindowsログイン名を使用して認証する場合は、Active Directoryへの登録は必要ありません。

ICカード認証サーバーEnterprise Active Directory 連携オプション −Active Directoryに手を加えることなくICカード認証サーバーEnterprise で一元管理−

図:ICカード認証サーバーEnterprise Active Directory 連携オプション

ICカード認証for MEAP ADVANCEでは、Active Directoryにカードの情報を登録しておくことによって、ICカード認証サーバーを立てずにユーザー情報の一元管理が可能です。
カード情報をActive Directoryに追加することでWindowsネットワーク内のユーザー情報とともにシームレスに一元管理することが可能になります。

  • ICカード内に記録されているWindowsログイン名を使用して認証する場合は、Active Directoryへの登録は必要ありません。

運用管理

ネットワーク管理者とデバイス管理者に分けて運用可能

図:ネットワーク管理者とデバイス管理者に分けて運用可能

imageRUNNER ADVANCEでは、ネットワーク関係の設定を管理できるネットワーク管理者、用紙種類の管理設定や、送/受信のファンクション設定などデバイスの各種設定を変更できるデバイス管理者と、複数の管理者を分けて設定することが可能です。 専門の管理を行うことにより、顧客の管理ポリシーや運用に即した運用がしやすくなります。

利用制限の登録

図:利用制限の登録

複合機の利用制限情報を一元管理することが可能です。グループ単位での権限登録・管理が可能です。また複合機ごとの設定は必要ありませんので管理負荷を軽減できます。

カード登録

図:カード登録

FeliCa/MIFAREカード対応版では、FeliCaとMIFAREどちらのカードでもログインが可能です。管理ツールを使用して、カード情報を認証テーブルへ簡単に登録できます。
検索機能を利用して登録済みカード情報の編集や追加/削除といった日常のメンテナンス作業も容易に行うことが可能です。また、使用モードを切り替えることによりユーザー自身が登録作業を行うことが可能になります。
ICカードの有効期限、一時的な無効化、発行回数によるログイン可否の設定が可能です。また、カード情報は、ユーザー自身でメンテナンスができるよう複合機からメンテナンスすることも可能です。
環境に合わせて柔軟な運用管理に寄与します。

  • ICカード認証テーブル作成ツール(オプション)が必要です。

ICカード情報を複合機から登録することが可能

図:ICカード情報を複合機から登録することが可能

ICカード認証for MEAP ADVANCEでは、ICカード情報をユーザー自身が複合機から登録できます。ICカード情報を管理していなくても、その場ですぐに登録を行うことができ、管理ツールを使用して登録する煩わしさから開放されます。さらに、オプションのICカード認証テーブル作成ツールでも、同様の作業がPCから行うことが可能になります。

サーバー間で認証テーブルの同期が可能

図:サーバー間で認証テーブルの同期が可能

ICカード認証サーバーを複数台設置したシステムを構築することが可能です。各サーバーの認証テーブルを同期させることが可能なので、「1台をプライマリサーバーとし、もう1台をセカンダリサーバーとする」といった、システムの冗長性が確保できます。
サーバー機器のハードウエア障害時に備えた安定運用や認証テーブルのバックアップに欠かせない機能が装備されています。

CSVインポート/エクスポート対応(ICカード認証サーバーEnterprise)

図:CSVインポート/エクスポート対応

CSVフォーマットのファイルをICカード認証サーバーに取り込むことが可能。インポート時に取り込むフィールドの順番を指定できるので、エクスポートされたファイルの取り込みなど、既存システムとの連携作業を柔軟に行うことが可能になります。

MEAPアプリケーション 購入前のご相談・お見積・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

MEAPアプリケーション の購入前のご相談・お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 9時00分~17時00分

※ 土曜日・日曜日・祝日と弊社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ