国内最大の放送・映像制作機器の展示会「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展

2019年11月7日

キヤノン株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社



キヤノンは、2019年11月13日(水)から15日(金)まで、幕張メッセで開催される国内最大の放送・映像制作機器の展示会「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展し、「高解像度のその先へ。あらゆる映像表現の可能性を超えていく。」をコンセプトに、新製品やキヤノンの最先端技術を紹介します。

キヤノンブース(イメージ図)

8K放送用ズームレンズなどさまざまな8K映像ソリューションを展示

世界最長※1焦点距離・世界最高※1の51倍ズームを実現した8K放送用フィールドズームレンズ"UHD-DIGISUPER 51"(2020年4月上旬発売予定)と、世界初※2の8K放送用ポータブルズームレンズS"7×10.7 KAS S"(2019年12月上旬発売予定)をはじめ、8Kに対応した豊富なレンズのラインアップを展示します。また、キヤノンが開発を進めている8K ⁄ HDR※3対応のカメラ、レンズ、ディスプレイのタッチ&トライができるほか、4Kプロジェクターを4台活用した8Kシアターでは、8K映像ならではの精細さと奥行きを体感することが可能です。

4K ⁄ HDR対応の高画質・高性能な映像制作機器を紹介

映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMをはじめとする、4K ⁄ HDR対応の高画質・高性能な幅広い製品群を紹介します。5.9Kフルサイズセンサーと新開発の映像処理プラットフォームを搭載したデジタルシネマカメラの新製品「EOS C500 Mark II」(2019年12月下旬発売予定)、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」(2019年6月より順次発売)、最大・全白輝度2,000cd⁄m2と高コントラスト200万:1を実現した業務用31型4K ⁄ HDRディスプレイ「DP-V3120」(2019年11月発売)などを体験できます。

実用化段階に進展した自由視点映像生成システムによる映像を上映

実用化段階に進展した自由視点映像生成システムによる、ラグビーの試合のハイライトシーンを上映します。自由視点映像は、実際のカメラ位置にとらわれない自由な位置や角度からの映像により、まるでグラウンドの中にいるような体験を提供します。

  • ※1.
    1.25型センサー搭載の8K放送用カメラ対応フィールドズームレンズにおいて。2019年11月6日現在。キヤノン調べ。
  • ※2.
    1.25型センサー搭載の8K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズにおいて。2019年11月6日現在。キヤノン調べ。
  • ※3.
    High Dynamic Rangeの略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。

2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)開催概要

名称
(第55回)2019年国際放送機器展
International Broadcast Equipment Exhibition 2019(略称:Inter BEE 2019)
会期
2019年11月13日(水)~15日(金)
会場
幕張メッセ
主催
一般社団法人 電子情報技術産業協会
入場料
無料(全来場者登録入場制)

参考情報:2018年実績

出展者
1,152社・団体
来場者
40,839人

関連情報

紹介ページ

お問い合わせ

このニュースリリースの内容に関して、以下の窓口にて、お問い合わせを承ります。

報道関係者の方からのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 広報部
報道関係者の方からのお問い合わせは、下記リンク先よりお問い合わせください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。

また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。