Adobe Acrobat DC(Document Cloud)

Adobe Acrobat DCは、マルチデバイス環境向けの最高品質のPDFソリューション。
PDF作成にとどまらず、共有レビューや電子サインなど新しい働き方に対応した機能が満載です。

導入のメリット

  • 文書業務をデジタル化してどこでも働ける環境を実現します。
  • 共有レビューや電子サインなどにより時間とコストを削減します。
  • PDF化された文書を編集し再利用できるため、文書作成にかかる時間を削減します。
  • 文書の機密性に応じたセキュリティ設定ができるため、改ざんなどの文書に対するセキュリティリスクを削減します。
  • ウェブサイト上でライセンスの一元管理ができるため、IT管理者の負担が軽減されます。

主な機能と特長のご紹介

PDF作成

Office文書はもちろん画像やスキャンした文書など、ほぼすべてのファイル形式を検索・編集可能なPDFに変換することができます。

PDF編集と変換

Adobe Acrobat DCを使えば、文書を最初から作り直す必要はありません。PDFをMicrosoft Excel、Word、PowerPointなどのほかのファイル形式に書き出せます。また、PDF内のテキストや画像を直接編集することも可能です。

PDF共有

デバイスを問わず、簡単に共同作業、共有レビュー作業ができます。
また、アドビのクラウドストレージのほか主要なストレージサービスとも連携してファイルを共有することが可能です。

署名

Acrobat Sign機能(個人版相当)を使用して、社内承認や申請、社外との契約といった業務を容易に電子化できます。

セキュリティ

高度なセキュリティ機能により文書を安全に保護できるだけでなく、標的型攻撃のリスクも軽減できます。

その他

Adobe Acrobat 2017ライセンス版(買い切り版)及び、Adobe Reader 2017のサポートは2022年6月6日に終了いたしました。

  • サポート終了後は、テクニカルサポートや、セキュリティアップデートの提供が行われません。

お買い替えはぜひAcrobat DCで。
Acrobat DCならば最新バージョンが使用できるため、サポート終了がありません。

関連ソリューション