ロール巻取り装置RW6|特長

正確な巻き取り

RW6 ロール巻取り装置(RW6)は、ノンインパクトプリインターで印刷済の連続用紙をロール状に巻き取ります。プリンターオンライン専用装置になっており、最大220m/分の速度で印刷済の連続用紙を正確に巻き取ります。

独自の設計

幅広い用紙に対応

RW6は、広範な用紙に対応しています。また重量ロールも扱うことができ、最大で54インチ(1,370mm)径のロール紙に対応しています。

簡単操作

操作はタッチパネルを採用しています。視認性に優れているので簡単に操作できます。

ロール紙脱着下降メカニズム

ロール紙は、RW6の装置で簡単に脱着降下できます。脱着時に特別なリフト装置を使うとはありません。

用紙張力制御メカニズム

巻き取りには、高性能の用紙張力制御メカニズムを採用しています。サーボコントロールによる用紙走行補正用特殊ローラを使用しており、巻き取り時のムラをなくした堅いロール巻き取りができます。

用紙巻き取り機構

プリンターからの用紙の送り込みは、テンションフリー(ゼロ張力)で行われます。また巻き取りは、表裏どちらの方向からでもセットできます。

トリプルダンサー機構

トリプルダンサー機構(用紙緩衝機構)の採用により、高効率性と安定した高速処理ができます。

RoHS指令適合機