Web情報漏えい対策 GUARDIANWALL Webセキュリティ

動作環境

動作環境

GUARDIANWALL WebFilter Linux版

マシンスペック CPU インテル32bit・マイクロプロセッサー(Pentium以上)/
インテル64bit・マイクロプロセッサー(Itanium 2は非対応)
1.0GHz 1コア以上(推奨:2.0GHz 4コア以上)
メモリー 1GB以上(推奨:4GB以上)
OS Red Hat Enterprise Linux 7/8(64bit)
CentOS 7/8(64bit)
仮想環境 上記対応OSの動作を保証している仮想環境
IaaS環境 AWS(Amazon Web Services)
Azure(Microsoft Azure)
  • 推奨は1台あたり1,500ユーザー(約150万アクセス/日)以上での利用を想定した場合の管理/検査サーバー共通のシステム要件です。
  • マシンスペックは実際のWebアクセス数量や管理画面へのアクセス頻度などにより変更してください。

GUARDIANWALL WebFilter 仮想アプライアンス版

仮想環境 VMware ESXi 6.0/6.5/6.7/7.0
Hyper-V(Microsoft Windows Server 2012 R2/2016/2019/2022)
CPU 2コア
メモリー 4GB以上
  • ディスク容量はデプロイ後の設定で拡張することができます。
  • 上記スペックは、仮想マシンのリソースになります。

管理クライアント

ブラウザ Microsoft Internet Explorer 11
Microsoft Edge(Chromium版(IEモード有効であること))
Google Chrome
  • Javascriptを有効にすること

GUARDIANWALL Webセキュリティ 購入前のご相談・お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

GUARDIANWALL Webセキュリティの購入前のご相談・お問い合わせを承ります。

ウェブサイトからのお問い合わせ