「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデル“EOS R7”を発売最高8.0段の手ブレ補正と高速連写・高性能AFを実現

2022年5月24日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社



キヤノンは、RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルカメラとして、新開発の有効画素数最大約3250万画素※1APS-CサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ“EOS R7”を2022年6月下旬に発売します。

 EOS R7 *RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM 装着時
EOS R7

“EOS R7”はEOS Rシリーズ初のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、高速連写と高画質を両立したミラーレスカメラです。高いAF性能と被写体検出機能により、高速、高性能を求めるハイアマチュアユーザーのニーズに応えます。

おもな特長

動体撮影など幅広いシーンに対応する高速連写・高性能AF

メカシャッター/電子先幕による撮影時は、EOS Rシリーズ最速※2となるAF/AE追従で最高約15コマ/秒、電子シャッターによる撮影時は、AF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写※3が可能です。さらに、「EOS R3」(2021年11月発売)のAF被写体検出技術を継承し、人物、動物(犬・猫・鳥)、乗り物(モータースポーツにおける車・バイク)の動きが速いシーンにおいて快適な撮影が可能です※4

約3250万画素のEOS Rシリーズ初のAPS-CサイズCMOSセンサー

新開発の有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」により、APS-CサイズCMOSセンサー搭載のEOS史上最高解像性能※5を実現しています。また、7Kオーバーサンプリングによる高画質な4K動画撮影を実現し、「Canon Log 3」に対応するなど、画質にこだわる動画クリエイターのニーズに応えます。

協調制御による最高8.0段※6の手ブレ補正

ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載し、手ブレの発生しやすい環境でも快適な撮影を実現しています。さらに、レンズ内光学式手ブレ補正機構(レンズ内IS)を搭載したRFレンズ※7装着時は、カメラとレンズそれぞれの手ブレ補正機構が協調することで、最高8.0段の手ブレ補正が可能です。

  • ※1.
    総画素数約3440万画素。使用するレンズまたは画像処理により、有効画素が減少することがあります。
  • ※2.
    2022年5月24日時点。「EOS R10」(2022年7月下旬発売予定)も同様。
  • ※3.
    連続撮影速度の条件およびサーボAF時に最高連続撮影速度に対応するレンズについては、キヤノン公式WEBサイト「cam.start.canon」上にある“EOS R7”の「詳細ガイド」もしくは「補足情報」をご参照ください。
  • ※4.
    被写体によっては動物検出・乗り物検出できないことがあります。また、犬・猫・鳥ではない被写体に対して動物と検出する場合や、車、バイクではない被写体に対して乗り物と検出する場合もあります。
  • ※5.
    2022年5月24日時点。ISO12233準拠のCIPA解像度チャートでの評価。
  • ※6.
    Yaw/Pitch方向、CIPA規格準拠。RF24-105mm F4 L IS USM(2018年10月発売)、f=105mm時。
  • ※7.
    ボディー内5軸手ブレ補正機構の協調制御に対応したRFレンズ装着時。
EOS R7 紹介動画【キヤノン公式】

提供価格・発売予定日

商品名
EOS R7
価格
オープン価格
発売日
2022年6月下旬

関連情報

商品紹介ページ
商品の詳しい情報、仕様については、下記からご確認ください。
EOS R7/EOS R10 タッチ&トライに関するご案内(予約制)

お問い合わせ

このニュースリリースの内容に関して、以下の窓口にて、お問い合わせを承ります。

お客さまからのお問い合わせ先

お客様相談センター
電話番号:0570-08-0002
  • 受付時間:平日9時00分~17時00分(土日祝休日と年末年始弊社休業日は休ませていただきます。)
  • おかけ間違いが大変多くなっております。番号を今一度ご確認の上おかけください。

報道関係者の方からのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 広報部
報道関係者の方は、下記リンク先よりお問い合わせください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書、その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。

また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。