DX事業戦略DXの取り組みについて

キヤノンシステムアンドサポートはITでお客さまの進化を支援します

近年の急速なワークスタイルの変革やビジネス環境の変化が進む中で、中小企業のお客さまが事業を継続していくにあたり、生産性向上や業務効率化を目的としたIT活用の重要性が高まっています。キヤノンシステムアンドサポートはお客さまのIT活用を支援する営業人材と技術者の採用・育成をさらに加速させます。これにより、アナログ業務のデジタル化から始まり、デジタル化された情報の活用、さらには経営課題解決に向けたデジタルを活用した業務プロセス、ビジネスモデルの変革までのITによるお客さまの進化を支援し、これにより企業活力の向上に貢献し地域社会を活性化させることを目指しています。

DX事業戦略

(1)ITソリューションと保守・運用サービスの提供 保守ユーザー向けのコールセンターであるカスタマーサポートセンターで、ITにまつわるお客さまの課題を解決します。「インターネットリモートサポート」を用いた遠隔支援で、お客さまのお困りごとをスピーディに解決します。
  • お客さまのDXを支援するソリューションを提案します。
  • デジタルツールを活用しお客さまの声を収集、ソリューションや運用サービスに反映します。
(2)お客さま接点のオンライン化
  • オンラインを活用し、全国に在籍するソリューションスペシャリストがお客さまの課題解決のご支援を行います。
  • DXをテーマにオンラインセミナー、オンラインイベントを定期的に開催し、お客さまのDX推進にまつわる情報を提供します。
  • リアルとオンライン、双方の機能を有する共創の場、CANON INNOVATION LAB “WITH”より、全国のお客さまのDX活用の具体的なイメージを配信します。
(3)DXを担うプロフェッショナル人材育成
  • DX事業戦略を実現するため、プロフェッショナル職の専門性向上を図ります。
  • IPAの基準書をもとにスキルレベルを定義し、教育計画の策定と実行をしています。
達成の指標
  • 戦略ごとの達成の指標
  • (1)保守契約機に対する「運用支援リモートツール」のインストール率向上
    (2)CANON INNOVATION LAB “WITH”の稼働率向上
    (3)スキルレベル認定制度におけるレベル4以上の比率向上

DX推進体制

当社では、代表取締役社長を実務執行責任者とし、企画本部にてDX推進戦略の立案と実行状況の統括、マーケティング統括部門にてITソリューション事業におけるDX戦略の立案と実行をおこなっております。