ふれよう

やってみよう

  • 動物園、水族館や植物園に行ってみよう!
  • 山に登ったり、海や川で遊ぼう!
  • 公園を散歩して、生き物を探してみよう!
  • いろいろな季節に出かけて、自然を観察してみよう!

みんなの活動の紹介

比較して実感!自然再生の効果

自然再生後、半年が経った湿地で生物調査をしました。調査をした高校生は、普段調査をしている学校周辺と比べ、当地の生物の多さ・外来生物の少なさに驚いていました。

2021年8月 by 一般社団法人自然再生と自然保護区のための基金

「三島そば」種まき体験

江戸時代、東海道・三島宿を訪れた旅人は、街道沿いのお休み処で「地物の三島そば」を食べることを楽しみにしていたといわれています。遊休農地を活用した本会の「三島そば」復活の取組みは、今年で18年目を迎えました。参加者の皆さんと種まきを行い、年末にかけて収穫体験やそば打ち教室も開催しています。

2021年9月 by 特定非営利活動法人 グラウンドワーク三島

来年のために!種の収穫♪

今日は咲き終わったコリアンダーから種を取り出し、来年の収穫へ備えました。1つ1つ小さな種を取り出すのは大変でしたが、仲間とお喋りしながら作業をするとあっという間に時間が過ぎます。この種から来年元気なコリアンダーがたくさん育ちますように!

2021年9月 by 特定非営利活動法人 Peace & Nature

河川の生物追跡調査

河川の生物調査の2回目。今回は講師をお招きして採集した生物の生態を説明頂き、また生物多様性について講義して頂きました。里地里山と自然の生態系に密接な関係があることに感銘しました。

2021年7月 by のまはら

藍の色は空の色

今年は藍を育てて、夏に生の葉を使い田んぼで絞り染めをしました。藍の葉と水だけがあれば染まる不思議に大人も夢中になりました!

2021年7月 by 一般社団法人風土人

日本自然保護協会より

濃青と思っていたのですが、空色の藍染め初めて見ました。徳島の吉野川では、洪水により豊かな土がもたらされることで藍の一大産地となったそうです。自然の怖さと豊かさとそこから生み出される多彩な色を感じれるのは大変興味深い活動です。

地域の生きもの観察

ザリガニが増えて困っている池もある一方で、ザリガニが少ない池では色々な生きものが暮らしている事がわかりました。捕まえた生きものを良く観察してどんな環境で暮らしているのか考えました。

2021年8月 by 一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団

多様な生きものが居る田んぼ

マス目に生きものが描かれた「田んぼの生きものビンゴ」カードを持ち、自由に生きものを探し、見つけた生きものをチェックするゲームをしました。見つけた生きものと田んぼの関係について学びました。

2021年7月 by 特定非営利活動法人 持続可能な開発のための教育推進会議

和白干潟生きもの探し&干潟アート

一般参加の観察会で主にカニを観察しました。カニはすぐ巣穴に逃げ込むので、巣穴のそばでカニが出てくるまでじっとして3分間待ちました。

2021年7月 by ウエットランドフォーラム

夜の中池見探検でワクワク!

ホタルの観察会がメインのナイトウォッチングですが、暗い中ホタルの光を堪能したら、今度は懐中電灯をつけて目の前の休耕田を観察。すると、オタマジャクシをハンティングしているヘビやモートンイトトンボにも遭遇!夜の観察会はワクワクがいっぱいです。

2021年7月 by 特定非営利活動法人 中池見ねっと

イベント

こちらで皆さんが参加できるイベントを紹介しています。