協働団体|今年度の協働団体

プロジェクトを支える団体を紹介します。

生物多様性の保全を目指す協働団体を公募し、審査基準に基づいて決定した下記の団体とともに市民参加型で取り組むプログラムを実施しています。

2021年~2022年度協働団体

特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム(東京都江戸川区)

東京湾は準絶滅危惧種“トビハゼ”の生息北限。水質改善など徐々にその個体数が回復傾向にあった彼らを次に襲ったのは人の出したごみ。トビハゼの生息する泥干潟での清掃活動やモニタリングで、トビハゼの生息数等を調べる。泥干潟環境を丸ごと保全することで、チゴガニ、ヤマトオサガニ、カワザンショウガイ類など多様な生き物を生態系ごと保全する。

プロジェクトへのおもい

東京湾のトビハゼは一度絶滅したと言われていますが、江戸川に残っていた個体がなんとか生き抜いてくれ、再び増加傾向にあります。最近耳にすることが多い「マイクロプラスチック」の多さも実感いただけます。

特定非営利活動法人 グラウンドワーク三島(静岡県三島市)

本会は、静岡県三島市を中心に、「水の都・三島」の原風景である水辺自然環境の再生・復活を目的に活動しています。高度経済成長期にドブ川と化した源兵衛川の環境再生を中心として、現在、市内外70か所の実践地において活動を展開しています。近年では、ふるさとの森が残る松毛川河畔林の環境再生や、耕作放棄地を活用した農業にも力を入れており、これらを舞台としたさまざまな環境教育や体験活動も開催しています。

プロジェクトへのおもい

自然観察や環境保全活動、農業体験を通して、富士山を源泉とする「水の都・三島」の魅力を存分に感じていただければと思います。

のまはら(奈良県奈良市)

農村地域の過疎化、それに伴う遊休農地、空き家の増加は大きな課題です。長い年月をかけて築かれた里地里山の環境が変わり動植物にも変化がみられます。私たち「のまはら」では地域環境の持続を目的として過疎地域の外部(都会)から興味、関心を持った人を呼び込み、田畑や山、空き家を一緒に管理しています。活動の中で興味、知識を深め持続的な活動とし、里地里山の環境、生物多様性の保全を目指します。

プロジェクトへのおもい

参加者自身が主体となって活動し、気付き感じ取って興味と関心を深めてもらいたいです。意欲的な参加者の輪を広げて里地里山の環境を持続させる力となれたらと思います。

一般社団法人 自然再生と自然保護区のための基金(奈良県奈良市)

奈良市大柳生地区において放棄された棚田一帯で、2016年より市民参加による自然再生を実施しています。3年で水生生物種数が2.5倍増えるなど、想定を超える生物多様性が再生しました。その要因は地域独自の水田の形態や農事暦にヒミツがあると感じ、昨年度から調査をはじめています。今年度は放棄田の自然再生に加え、地域の農家さんとコラボし市民参加のイベントを開催して、水田の生物多様性を改めて調査します。その結果を広く発信すること等により、地域ならではの農業について考え行動を変えていく契機をつくります。

プロジェクトへのおもい

特に(農家さんとコラボする)プロジェクトは昨年のステイホーム中にたまたまやってみた水田の生物調査がきっかけです。わたし太鼓判の素晴らしい生物多様性をぜひ市民の皆さまと分かち合いたいと意気込んでいます。

特定非営利活動法人 Peace & Nature(兵庫県神戸市)

ピースアンドネイチャーは2003年に代表のバハラム・イナンルが活動を開始、2006年にNPO法人として設立して、今年で活動18年目を迎えます。神戸をベースに、日本人と外国人が共に活動する国際NPO法人です。活動のきっかけは、代表の子どものアレルギーです。なかなか完治せず、解決方法を探っていた際、神戸大学名誉教授の保田茂先生に出会い、農業塾にて農薬を使わない食と環境づくりの大切さを学び、環境活動の一環として、有機農業と森の活動を開始しました。活動目的は未来のグリーンリーダーの育成です。(※グリーンリーダーとは、自然から学び、地域や社会の課題を知り、解決に向け行動する人材)国内外の子どもたちに対して、健全育成を図るとともに、農山村の活性化と都市と農村の交流を促進し、平和で自然環境に恵まれた地球の創造に寄与することを目的としています。

プロジェクトへのおもい

環境保全型農業を推進することで、農業生態系の生物多様性が保たれ、生物種が増えて、希少種も含め各種の個体数が増えること。また持続可能な食と環境づくりを実践することで、人間もまた同じ生物であり、自分たちの生きる環境を守ることに繋がる取り組みに参加者を増やし、日本語のみならずバイリンガルで人々に伝えることで、私たちの強みであるグローバルネットワークを生かし、SNSを通じて、世界的な環境保全に繋げてゆきたいです。

2020年~2021年度協働団体

一般財団法人 C.W.ニコル・アファンの森財団 (宮城県東松島市)

アファンの森財団では、放置された里山を保全・管理することで、その地域本来のさまざまな野生生物が生息・生育できる生物多様性豊かな森に再生することを目指しています。1986年から再生活動をはじめたアファンの森では50種以上の絶滅危惧種が戻ってきました。
その多様性溢れる森に子どもたちを招待し、五感すべてを使って森と触れ合い、子どもたちの未来の心、人の心を育む活動を行っています。

プロジェクトへのおもい

自分たちの身近なところに、たくさんの生きものたちが暮らしていることを知ってもらい、もっとふるさとの自然を好きになってもらいたいです。

特定非営利活動法人 持続可能な開発のための教育推進会議 (東京都荒川区)

毎日の生活の中で、最も身近な「食」を通じて、安心安全な外食、生物多様性の保全の重要性、フェアトレード(人権を尊重した公平な貿易取引)などの抱える社会的な課題を、知る機会を提供し、一人ひとりが、その問題を自分事として捉え、日々の行動や消費の選択を変えていけるよう、体験型のワークショップ、紙芝居、講和などを通じた学習プログラムを提供しています。各活動の実施後に、アンケートを実施して、各参加者の意識の変容を測ると同時に、自己宣言も提出していただくことにしています。

プロジェクトへのおもい

SDGsの達成に向けて持続可能な社会の実現には、若い世代(特に子どもたち)に向けたESD(持続可能な開発のための教育)による“意識・行動変革”こそ重要であり、このプロジェクトで達成したいです。

一般社団法人 風土人 (山梨県身延町)

富士山の西側にある山梨県身延町で、農山村の遊休農地×都会人の米作り体験を通して【家族のきずな】【都市と農村のきずな】【社員のきずな】の3つのきずなをつくることを目的として活動しています。
この活動により、参加者同士や地域と参加者、人と生物の縁が生まれ、絆となることで活動が継続し、それぞれの活性化につながっています。第二のふるさとのようなつながりを作っています。 生物多様性を守るため、出来るだけ農薬を使わず昔ながらの手作業でお米作りや身延町特産のあけぼの大豆を栽培しています。地域のお祭りを一緒に復活し、祭りの担い手も務めています。

プロジェクトへのおもい

田んぼにはおたまじゃくし、蛙、バッタ、カマキリ、イモリ、トンボなど生き物がいっぱい!子どもにとっては“楽園”、大人にとっては美味しい空気の中で体を動かし美味しいお弁当を食べるリフレッシュの場となっています。ぜひ、ご一緒しましょう。

特定非営利活動法人 中池見ねっと (福井県敦賀市)

中池見湿地は福井県敦賀市にある、広さ25haほどの小さな湿地です。湿地全域の周遊路の整備や補修のほかに、今では希少となってしまった田んぼの生き物を市民サポーターの皆さんと一緒に守る「ミニ田んぼサポーター事業」を実施、福井県内では中池見湿地でしか自生していないデンジソウをはじめ、ミズアオイやキタノメダカなどの生き物が、当たり前にいる田んぼの風景を実現、維持しています。

また生態系への脅威となっているアメリカザリガニを市民の皆さんと一緒に「ザリガニバスターズ」として防除活動を行っています。

プロジェクトへのおもい

シマゲンゴロウなどの希少な生物が暮らす環境を、子どもたちといっしょに復元し、将来まで維持していく礎をつくりたいです。

ウエットランドフォーラム (福岡県福岡市)

和白干潟周辺で大型埋め立て工事が相次ぎ、環境の悪化が懸念されており、干潟の啓発活動の必要性を痛感して活動しています。
啓発活動として、調査、観察会、清掃、啓発ツール作り、行政への提案などを行っています。
特にこれまであまり知られていない「150万都市の中の和白干潟」の魅力(生物、風景、歴史)探しに注力しています。
近年は子どもたちの干潟調査隊・ガタレンジャーを結成し、子どもたちの目線での「未来の和白干潟へのメッセージ」の発信をメインに活動しています。

プロジェクトへのおもい

干潟の生き物を図鑑的な紹介ではなく、干潟での生き生きとした生態を紹介したり、干潟のいろんな表情、人々との関わり、子どもたちの笑顔を視覚的メッセージとして発信したいです。