ニュースリリース
2004年11月1日

黒文字鮮鋭化処理機能により普通紙印刷でのさらなる高画質化を実現した
"キヤノン ビジネスインクジェットプリンタ "BIJ2350/BIJ1350"



キヤノンは、ミドルクラスのオフィス機器「Satera(サテラ)」シリーズの新製品として、普通紙印刷でのさらなる高画質化を図る「黒文字鮮鋭化処理」や、ページ記述言語「LIPS Ⅳ」、ネットワークインターフェースなど、より快適な出力環境を提供する新機能を標準搭載したビジネス用インクジェットプリンター2機種を、11月下旬より発売します。

BIJ2350
BIJ2350
BIJ1350
BIJ1350
(いずれもオプションのペーパーフィードユニット装着時)

キヤノン ビジネスインクジェットプリンタ BIJ2350‥‥価格(税別) 15万8,000円(発売日:2004年11月下旬)
キヤノン ビジネスインクジェットプリンタ BIJ1350‥‥価格(税別) 12万8,000円(発売日:2004年11月下旬)

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90062
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9627にお問い合わせください。



新製品 "キヤノン ビジネスインクジェットプリンタBIJ2350(愛称:Satera BIJ2350、A3ノビサイズ対応)" および "BIJ1350(愛称:Satera BIJ1350、A4サイズ対応)" は、高速・高画質が好評の「BIJ2300/BIJ1300」(2004年春発売)の基本性能を継承しつつ、キヤノン独自の新機能「黒文字鮮鋭化処理」と顔料ブラックインクの採用により、ビジネス文書で最も多く使われる普通紙での黒文字を、これまで以上にくっきりと仕上げます。このほか、従来機種で好評の「リアクティブインク方式」や「オブジェクト別最適画像処理」など、グラフィックや写真といったカラーが混在する文書において高品位な仕上がりを提供する画像処理機能も併せて装備しています。

また、キヤノンのオフィス用複合機「imageRUNNER」や「Satera」シリーズのレーザープリンターで実績があり、オフィス環境で信頼性の高いページ記述言語「LIPS Ⅳ」を新たに搭載しました。フォームオーバーレイ機能を活用した帳票などの高速印刷を可能にするほか、キヤノンの他製品とユーザーインターフェースの共通化を図ることでわかりやすい操作性を実現します。

印刷スピードにおいては、1インチ幅の超多ノズル・高密度ヘッドの搭載により、グラフや文字データが混在するビジネス文書のファーストプリントが11.4秒、連続プリントでは12枚/分という高速出力を実現しています。また、ページごとに原稿内容を分析し、最適な印刷モードに自動的に切り替える「オートパス切り替え機能」を搭載することで、高画質と高速出力の両立に貢献します。

さらに、大容量独立インクタンクの採用、スリープモードも備えた低消費電力設計、高耐久パーマネントヘッドの搭載によるメンテナンスフリーの実現などがあいまって、トータルコストの削減に大きく貢献します。このほか、大容量給紙( "BIJ2350" は最大600枚、"BIJ1350" は最大1,350枚、いずれもオプションのペーパーフィードユニット装着時)や、USB2.0 Hi-Speedインターフェースの採用などが、快適な操作環境を提供します。


 ファーストプリント、連続プリントのいずれも、GAROドライバーにてJEITA J6パターン印刷時。

【オフィス向けカラープリンターの市場動向】

オフィス文書のカラー化が進むなか、ビジネス用インクジェットプリンターは、カラー化を一層促進するツールとして期待されています。この背景には、高画質・低コスト・小型設計、低消費電力といったインクジェットプリンターの特長に加えて、高速・高生産性・ネットワーク対応など、オフィスのユーザーニーズを満たす技術を実現していることが考えられます。

【開発の背景】

キヤノンでは、2003年2月より、レーザビームプリンタ(LBP)・レーザープリンター複合機・ビジネス用インクジェットプリンターから成る「Satera」シリーズを展開し、様々なビジネススタイルにおける多様なプリントニーズに対応することにより、オフィスワークをサポートしてきました。
新製品 "BIJ2350/BIJ1350" は、近年急激に高まっているオフィスにおけるカラー化の要望に応えるとともに、より高速に、より美しく、より安くといったビジネスユースに求められる要素をすべて満たすカラープリンターとして開発されました。SOHOや大企業内のディビジョンマシンとして、快適な出力環境を提供します。

このページのトップへ
戻る