下町生まれのニクいやつ。
クールさと愛嬌兼備なハチワレ猫との小粋な暮らし(前編)。
今日も、猫
vol.01 モデル/文筆家・小谷実由としらす



Text & Photo : Miyu Otani

ご縁を辿ると、思いがけぬ共通点が見つかることがある。まさにそんな風にして巡り合ったハチワレ柄のしらすと、かねがね「猫との暮らし」を脳内妄想していたモデルの小谷実由さん。ネコとの初めての共同生活では、クール「風」なのにどこか抜けているしらすの仕草に「くすり」としてしまうことも。そんなおふたりの自然体な暮らし、覗かせていただきました。

プロフィール

小谷実由(おたに・みゆ)
ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。
Instagram:@omiyuno

day1 同郷のご縁?しらすとおみゆ

はじめまして、小谷実由です。私には5年ほど一緒に暮らしている猫がいます。名前はしらす。グレーのハチワレ柄の雄猫、5歳です。性格はクールだけど(おそらく)人情深い。私は下町育ちなのですが、彼もまた私が育った近くの地域のブリーダーさんのもとからやってきました。写真は初対面のときのしらす。生後約1ヶ月。あまりにも小さくて、抱き上げるのにどう力をかけていいのかわからない、緊張して変に力が入り手がつりそうになったのを覚えています。奇しくもその日私は、しらすのグレーの色と同じ色のネイルにTシャツでした。何も意識せずに着て行ったけど、今思うとブリーダーさんに気合い十分に思われていなかっただろうかと少し恥ずかしいなぁ。

day2 背中に名前をかつぐ猫

しらすという名前は、背中に白い毛が少しだけ線のように入っていることから「背中にしらすをトッピングされているみたいな猫だな」と思い名付けました。本当はこの白い毛の部分の正式名称が「しらす」なのかもしれない。猫と暮らすことが現実的になる前からずっと私は「ころも」という名前の猫と暮らしたいなと、随分頭の中でイメトレを重ねていました。しかし出会った猫に「どうもころもはしっくりこないぞ?」と焦っていたところ、背中の柄が目に飛びこんできたのです。白い毛は子猫の時期限定かなと思っていたのですが、いまでもしっかり生えています。季節によって濃さが変わったりするのも猫の柄から季節を感じられてなかなか風流。

day3 チロリ出しが止められません

しらす最大の特徴といえば、舌です。とにかく舌が出ている。寝ているときも、ぼーっとしているときも、大興奮しているときも、だいたい出ている。写真はじゃれていて大興奮中のしらす。どんなに本人がシリアスでも、いつでものんき風な顔になってしまう効果があります。我が家にやってきたばかりのときは全くその気配はなかったのですが、いつからかわからないくらい突然舌出しの日々が始まっていました。おそらく無自覚なので「出てるよ〜」なんて指摘したりして舌を指でちょんと押してみたりすると、一度は仕舞われるのですが再び少しずつ出てくる。毛繕いをしている様子を見ていると、どうやらすごく舌が長いようです。仕舞いきれない豊富な舌。

つくってみよう、あこがれの猫まみれ

好きなものを飾ったり、写真に残したり、アルバムにしたり。あなたの「好き」をかたちにするアイデアをご紹介します。

かわいい猫シール

「大好きな猫をシールにしたい!」と、猫好きなら一度は思ったことがあるはず。いろいろな猫の表情をシールにしてみては?

猫まみれネイル

指先にかわいい猫ネイルを貼れば、気分が少し明るくなるかも?好きなデザインでネイルシールをつくってみては?