写真新世紀30年の軌跡展-写真ができること、写真でできたことキヤノンギャラリー

1991年の発足から30年にわたり推進してきた新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」のこれまでの歩みを振り返る「写真新世紀30年の軌跡展-写真ができること、写真でできたこと」を開催します。
キヤノンギャラリー Sでは、1992年から2021年までの歴代のグランプリ/準グランプリ受賞者のうち、31組の受賞作品を展示いたします。
作品は、すべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントし展示します。

開催日程 会場
2022年10月13日(木)~11月22日(火)
※ 来場される際はご来場のお客さまへのお願いをご確認ください。

10時~17時30分
  • 日曜・祝日休館
キヤノンギャラリー S(品川)

トークイベントのご案内

新型コロナウイルス感染症などの影響により、「写真新世紀30年の軌跡展-写真ができること、写真でできたこと」および関連イベントの中止、または日時の変更や定員の調整などを行う可能性があります。最新情報については「写真新世紀」ホームページをご確認ください。

歴代のグランプリ/準グランプリ受賞者によるアーティスト・トーク

日時
10月29日(土)13:30~
会場
キヤノン S タワー 3階 キヤノンホール S
内容
「写真ができること、写真でできたこと」
受賞作品展に出展する歴代のグランプリ/準グランプリ受賞者(調整中)によるトークショー
定員
先着100名
観覧方法
事前予約制

〈「写真新世紀」とは〉

「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的としたキヤノンの文化支援プロジェクトです。1991年のスタートから公募を終了した2021年までの30年間、公募形式によるコンテストを実施し、受賞作品展の開催や受賞作品集の制作、ホームページでの情報発信など、受賞者の育成・支援活動を総合的に行うことで、次世代の写真表現を切り開く新しい才能を発掘し、写真界に新風を吹き込む活動を展開してきました。これまでに実施した44回の公募の応募者総数は35,550 名(組)に上り、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出しました。

受賞作品展 出展者(歴代のグランプリ/準グランプリのうち31組)※受賞年度順/敬称略

1992年 木下 伊織 2003年 内原 恭彦 2013年 鈴木 育郎
1993年 市川 綾子 2004年 椎名(川村)素代
滝口 浩史
2014年 須藤 絢乃
1994年 熊谷 聖司 2005年 小澤 亜希子 2015年 迫 鉄平
1995年 ヒロミックス 2006年 高木 こずえ 2016年 金 サジ
1996年 野口 里佳 2007年 黒澤 めぐみ
詫間 のり子
2017年 トロン・アンステン &
ベンヤミン・プライトコプフ
1997年 矢島 慎― 2008年 秦 雅則 2018年 ソン・ニアン・アン
1998年 柏 亜矢子 2009年 クロダ ミサト 2019年 中村 智道
1999年 安村 崇 2010年 佐藤 華連 2020年 樋口 誠也
2000年 中村 ハルコ 2011年 赤鹿 麻耶 2021年 賀来 庭辰
2002年 吉岡 佐和子 2012年 原田 要介
  • 2001年はグランプリ/準グランプリともに該当者なし。
著作権について
当写真展関連ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
これらのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。