外部ストロボの新フラッグシップ機"スピードライト EL-1"を発売 
キヤノンの外部ストロボで初めてリチウムイオンバッテリーを採用

2020年10月14日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社


キヤノンは、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の外部ストロボとして新フラッグシップ機"スピードライト EL-1"を2021年2月上旬に発売します。

スピードライト EL-1

発売情報

スピードライト EL-1

価格
12万8,000円(税別)
発売日
2021年2月上旬

おもな特長

"スピードライト EL-1"は、光のニュアンスを追求した作品作りが可能で、結婚式や報道現場などで撮影するプロ・ハイアマチュアユーザーのニーズに応え、発光量の安定性や連続発光性能を高めた外部ストロボです。「スピードライト600EX II-RT」(2016年6月発売)の上位機種で、キヤノンの外部ストロボとして初めてリチウムイオンバッテリーを搭載しています。また、高い機能性と優れた操作性、信頼性を併せ持つプロ品質の証として、キヤノン製品に刻まれているレッドラインを外観に施しています。

発光量の安定化と連続発光性能の向上

新開発の高耐久キセノン管の採用により、発光量のばらつきを抑制し、安定した発光を実現しています。また、温度上昇を抑制する新開発のアクティブクーリングシステムを搭載することで、連続発光回数約160回※1を実現し、決定的なシーンを安定して連続撮影することができます。

新リチウムイオンバッテリーの採用による快適なストロボ撮影

大電流の放電が可能な大容量の新リチウムイオンバッテリーの採用により、発光後、ストロボ充電完了まで充電時間約0.1~0.9秒※2の高速充電や、フル充電時に約335回の1 ⁄ 1発光を実現しています。また、キヤノンの外部ストロボとして初めて、バッテリー残量表示に対応しており、バッテリー交換を効率的に行うことができます。

最小1 ⁄ 8192の微小発光

新開発のキセノン管の採用と発光制御の精度向上により、マニュアル発光時に最小1 ⁄ 8192の安定した微小発光※3を実現しています。手持ちで、ストロボを使って超高感度で星空を背景としたポートレート撮影を行うなど、繊細な光を必要とするシーンで新たな撮影表現を楽しむことができます。

  • ※1
    1 ⁄ 1発光(マニュアル発光)で温度上昇による発光制限がレベル1(発光間隔が強制的に約8秒)になるまでの連続発光回数。キヤノン試験基準による。
  • ※2
    1 ⁄ 8192~1 ⁄ 1発光にかかるストロボ充電時間。キヤノン試験基準による。
  • ※3
    電波通信ワイヤレス時に1 ⁄ 128より小さい発光量を正確に使用するためには、センダー・レシーバー共に"スピードライト EL-1"を使用することが必要。ハイスピードシンクロ設定や光通信ワイヤレスでの発光量は1 ⁄ 128まで。

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90002

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

報道関係者の方からのお問い合せは、下記リンク先よりお問い合せください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。