新クラウドサービスで「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズが進化 自動電子ファイリングによりデジタルトランスフォーメーションを推進

2020年7月20日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社


キヤノンは、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズ(2020年6月発売)の機能を拡張する新たなクラウドサービスとして、紙文書の電子ファイリングの自動化・効率化を実現する"uniFLOW Online Cloud Scan Advance (ユニフロー・オンライン・クラウド・スキャン・アドバンス)※1"の提供を2020年7月29日より開始します。

「アドバンスドスキャン」のコンセプト(イメージ)

発売情報

uniFLOW Online Cloud Scan Advance

価格
月額3,200円 ⁄ 台(税別)
提供開始日
2020年7月29日

おもな特長

ICT技術の進化やクラウドサービスの普及、在宅勤務などのテレワークの拡大により、オフィスの働き方改革が進み、その中で文書共有を目的とした紙文書の電子化のニーズが高まっています。新クラウドサービス"uniFLOW Online Cloud Scan Advance"は、高速で高品質なスキャンが可能な「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズとの組み合わせにより、紙文書を効率的に電子ファイリングする「アドバンスドスキャン」を実現し、オフィスのデジタルトランスフォーメーションの加速と生産性向上に貢献します。

「ファイリングアシスト」機能により電子ファイリングの自動化や効率化を実現

業務で使用する定型帳票のスキャンデータにOCR(光学文字認識)処理を行い、抽出した複数のキーワードの組み合わせから、ファイル名やフォルダー名とともに保存先のフォルダーを設定し、帳票を自動で振り分け保存できる新しいファイリング方式です。本体の操作パネルに、部門や個人、帳票の種類、業務など使い方に合わせて事前登録したボタンを押下することにより、原稿を読み取り、事前に学習させておいた定型帳票と照合して帳票のレイアウトの特徴を特定し、ファイル名の付与、外部クラウドストレージ※2のフォルダーへの振り分け保存を自動で行います。レイアウトの特徴はひとつのボタンに最大1,000件登録できるため、オフィスの多くの帳票を認識し、電子ファイリングすることが可能です。また、ADF(自動原稿送り装置)は、異なるサイズの用紙をまとめて読み取りできるため※3、複数の帳票を手作業で仕分けずに一括で電子ファイリングすることが可能となり、効率的な電子化を実現します。

ファイル名と保存先の簡単確認により確実な電子ファイリングが可能

付属ユーティリティー「スキャンセンター」により、複数のスキャンデータのファイル名や保存先フォルダーなどのファイリング情報をPCの画面上で保存前に確認し、複数のフォルダーに一括で保存できます。必要に応じてファイリング情報も修正できるため、確実かつ容易な電子ファイリングが可能です。

  • ※1
    「imageRUNNER ADVANCE Gen3」シリーズでも利用可能。
  • ※2
    対応するクラウドストレージは、box、 Dropbox、 Evernote、 Google Drive、 OneDrive、 OneDrive for Business、 SharePoint。
  • ※3
    ADFでまとめて読み取りできる用紙サイズは「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズと「imageRUNNER ADVANCE Gen3」シリーズで異なります。詳細は製品ホームページをご参照ください。

ご参考:imageRUNNER ADVANCE DXシリーズについて

imageRUNNER ADVANCE DX C5760F
*オプション装着時

キヤノンは2020年6月にオフィス向け複合機の新シリーズ「imageRUNNER ADVANCE DX」を発売しました。新シリーズでは、対応する原稿サイズを拡張し、読み取り速度や読み取り品質を向上させた新開発のADFを全シリーズ共通で搭載しています。読み取ったデータの傾きを自動補正するデジタル斜行補正機能を搭載することにより、原稿の傾きの物理的補正を排除し、両面読み取りスピード最大270ページ⁄分を実現しました。また、原稿の複数枚同時搬送を超音波で認識する重送検知機能などにより、原稿から情報の欠落、劣化を防ぎ、読み取りの品質・正確性向上に貢献しています。
高速で高品位なスキャンデータを正確に生成する「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズと"uniFLOW Online Cloud Scan Advance"の組み合わせで、これまで業務効率化の障壁とされてきた、手作業による膨大な紙文書の管理やファイリング、紙文書の検索や共有の非効率性といった課題を解決します。

  • 「imageRUNNER ADVANCE DX C7700/C5700」シリーズにおいて、A4サイズ普通紙両面カラー原稿読み取り時。

クラウドを基盤としたサービスの市場動向

総務省の「令和元年通信利用動向調査」によると、従業員が100人以上の国内企業2,115社において、クラウドサービスを利用している企業は2019年に64.7%となり、2010年の14.1%から大きく増加しています。ICT技術の進化や在宅勤務などのテレワークの拡大により、デジタルトランスフォーメーションなどのオフィスの働き方改革が進んでいます。昨今のこうした動向から、クラウドを基盤としたサービス市場は今後も成長を維持すると見込んでいます。(キヤノン調べ)

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90056

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

報道関係者の方からのお問い合せは、下記リンク先よりお問い合せください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。