次世代の映像表現を追求した
フルサイズミラーレスカメラ"EOS R5"を発売
約4500万画素・最高約20コマ⁄秒連写と世界初の8K動画撮影を実現

2020年7月9日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社


キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素※1フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、高性能な「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合的に進化させた「EOS Rシステム」の次世代フルサイズミラーレスカメラ"EOS R5"を2020年7月下旬に発売します。

EOS R5
* RF24-105mm F4 L IS USM装着時

発売情報

EOS R5

価格
オープン価格
発売日
2020年7月下旬

ワイヤレスファイルトランスミッター"WFT-R10B"

価格
11万8,000円(税別)
発売日
2020年7月下旬

バッテリーグリップ"BG-R10"

価格
3万3,000円(税別)
発売日
2020年7月下旬

バッテリーパック"LP-E6NH"

価格
1万1,000円(税別)
発売日
2020年7月下旬

おもな特長

"EOS R5"は、新開発のCMOSセンサーや新映像エンジン、「RFレンズ」により、EOSシリーズ史上最高の解像性能※2を実現するなど、新たな映像表現を追求したミラーレスカメラです。世界初※3の8K/30P動画撮影※4やレンズ側の光学式手ブレ補正と協調した世界最高※38.0段※5の手ブレ補正を実現し、静止画・動画ともに本格的な作品づくりを行うプロやハイアマチュアユーザーのニーズに応えます。

約4500万画素と最高約20コマ⁄秒の高速連写を両立

新開発のフルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」により、EOSシリーズ史上最高の解像性能を実現しています。さらに、電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ⁄秒※6、メカシャッター/電子先幕による撮影時は最高約12コマ⁄秒※7の高速連写を実現しています。

「デュアルピクセル CMOS AF II」による快適なAF性能

新CMOSセンサーの高速信号読み出しと新映像エンジンの高速処理により、「デュアルピクセル CMOS AF II」としてAF性能が向上しています。測距エリアは、画面の最大約100%(縦)×約100%(横)の範囲※8に拡大しています。また、静止画撮影時にAFフレームは、最大1053分割※9のエリアから自動選択されます。さらに、人物の瞳・顔・頭部に加えて、動物(犬/猫/鳥)の瞳・顔・全身検出※10にも対応し、被写体の捕捉率を向上しています。

世界初の8K動画撮影と世界最高8.0段の手ブレ補正による快適な撮影

世界に先駆けて8K/30P動画撮影機能を搭載しています。8Kの豊富なデータ量を生かした高画質な4K動画を撮影することも可能です。また、ボディー内5軸手ブレ補正機構をEOSシリーズで初めて搭載しています。レンズ側の光学式手ブレ補正機構との協調制御による最大8.0段の手ブレ補正を実現し、望遠撮影や手持ち撮影といった手ブレの発生しやすい環境でも快適に撮影することができます。

  • ※1
    総画素数約4710万画素。
  • ※2
    ISO12233準拠のCIPA解像度チャートで確認。キヤノン調べ。
  • ※3
    2020年7月8日現在発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。キヤノン調べ。手ブレ補正については、「EOS R6」も同じ。
  • ※4
    8K(29.97fps/25.00fps)。クロップ「しない」のみ。8K動画(RAW/DCI/UHD)は、カメラ内部の温度上昇に伴う撮影時間の上限があり、撮影可能時間は最大約20分になります。(常温時)
  • ※5
    CIPA規格に準拠。「RF24-105mm F4 L IS USM」(2018年10月発売)、焦点距離105mm時。レンズは、購入時期によりファームウエアの更新が必要。
  • ※6
    EF-Sレンズ使用時を除く。絞り開放時。詳しくは商品紹介ページをご参照ください。シャッタースピード、絞り、連続撮影中の絞りの状態、被写体条件、明るさ(暗所での撮影時など)、あるいはレンズの種類などによって連続撮影速度が変化します。
  • ※7
    「RFレンズ」及び一部のEFレンズ使用時。詳しくは商品紹介ページをご参照ください。連続撮影速度は、バッテリーの種類/残量、バッテリーグリップ/WFTの使用有無・バッテリー数、DCカプラー/USB電源アダプターの使用有無、使用レンズ、温度、内蔵Wi-FiのON/OFFなどにより、最大3段階に変化します。最高連続撮影速度は、前記要因の他に、シャッタースピード、絞り、ストロボ使用、フリッカー低減処理、被写体条件、明るさ(暗所での撮影時など)などにより低下することがあります。
  • ※8
    「顔+追尾優先AF」、かつ、「RFレンズ」(「RF600mm F11 IS STM」/「RF800mm F11 IS STM」および「エクステンダー RF1.4×」/「エクステンダー RF2×」を除く)、EFレンズ(一部を除く現行製品)、エクステンダー EF(III)使用時(マスターレンズのモードに準じる)に被写体枠が表示された場合。シーンや被写体の状況によって対応できない場合があります。対象レンズは商品紹介ページをご参照ください。
  • ※9
    「顔+追尾優先AF」かつ被写体非検出時。
  • ※10
    被写体によっては動物検出できないことがあります。また、犬/猫/鳥以外の被写体に対して動物検出する場合もあります。
EOS R5 紹介動画【キヤノン公式】

レンズ交換式カメラの市場動向

2019年の世界のカメラ市場におけるレンズ交換式カメラの販売台数は、約880万台となりました。(キヤノン調べ)

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90002

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

報道関係者の方からのお問い合せは、下記リンク先よりお問い合せください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。