モバイルワークの生産性向上を支援する
小型・軽量のA4対応モバイルプリンター"BP-F400"を発売

2020年6月11日

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノン電子株式会社


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田 正弘、以下キヤノンMJ)は、キヤノン電子株式会社(代表取締役社長:酒巻 久)製の新製品として、A4サイズ対応のモバイルプリンター"BP-F400"を2020年11月中旬より発売します。新製品は耐久性と携帯性に優れ、スマートフォンやタブレットからストレスなく印刷が可能なため、モバイルワークの生産性向上を支援します。

金融(渉外) ⁄ 営業の活用例
モバイルプリンター"BP-F400"
保守・保全業務の活用例

発売情報

モバイルプリンター"BP-F400"

価格
オープン価格
発売日
2020年11月中旬

おもな特長

昨今の働き方改革やテレワークの普及などビジネス環境は大きく変化し、急速に業務のデジタル化、オンライン化の機運が高まっています。こうしたなか、保守メンテナンス業務や金融の渉外業務、医療や介護などの訪問業務では、一連の業務をデジタル化しても外出先で書類をお客さまに手渡しするなど、紙を介在した業務フローが課題となっています。また、専用の携帯端末からタブレットなど一般のスマートデバイスが主流になり、より多くの情報を業務上で取り扱うニーズが高まっています。 新製品は、サーマルヘッドの採用による高耐久性と使いやすいユーザビリティによりスマートフォンやタブレットからストレスなくA4サイズで印刷できます。また、小型・軽量で携帯性に優れており、必要な書類をオンデマンドで印刷できるため、お客さまのモバイルワークの業務プロセスを変革し生産性向上を支援します。

小型・軽量デザインで持ち運びにも便利

本体サイズは254(幅)×55(奥行)×30(高さ)mm※1、重さ約580g※1のコンパクトなボディを実現。堅牢なボディでありながら携帯性にも優れカバンに収納しやすいデザインになっています。

モバイルワークを考慮した充実の基本性能

1枚あたり5.7秒※2、300dpiの解像度で高速印刷を実現し、大容量・高放電バッテリーの採用により、2時間※3の充電で600枚※2の連続印刷が可能です。また、サーマルヘッドの採用により10万枚の耐久性を実現し、インクカートリッジなどの交換は必要ありません。標準装備の給紙ガイドは用紙セット時に便利です。

豊富なインターフェ-スに対応し手軽にプリント

1台でBluetooth接続、Wi-Fi接続、USB接続による印刷が可能で、PCやタブレットなど様々な端末との接続が可能です。

  • ※1
    給紙ガイド含まず。
  • ※2
    25ºC環境下において、満充電状態の新品充電池でUSB からJEITA 標準パターンJ1(印字率2%)を印字した場合です。
  • ※3
    25ºC環境下にける連続充電した場合です。

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 モバイルソリューション企画部
スマートデバイスソリューション企画課
電話番号 03-6719-9891(直通)

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

報道関係者の方からのお問い合せは、下記リンク先よりお問い合せください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。