キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年11月14日

有線 ⁄ 無線LANに対応したA4ネットワークモデル
ドキュメントスキャナー"imageFORMULA DR-S150"を発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノン電子株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、キヤノン電子株式会社(代表取締役社長:酒巻久)製のドキュメントスキャナー「imageFORMULA(イメージフォーミュラ)」シリーズの新製品として、有線 ⁄ 無線LANに対応したA4ネットワークモデル“DR-S150”を2019年11月下旬より発売します。

imageFORMULA DR-S150

発売情報

imageFORMULA DR-S150

価格
10万円(税別)
発売日
2019年11月下旬

おもな特長

"DR-S150"は、無線 ⁄ 有線LAN に対応し、PCを使わずにファイル送信が可能なimageFORMULAシリーズの新たなA4ネットワークモデルです。

有線/無線LANによるネットワークスキャンに対応

無線LAN・有線LAN・USB の3 種類のインターフェースに対応し、多様なオフィス環境において、自由なレイアウトでスキャナーの共有・活用が可能です。 専用アプリケーションと連携することで、(1)「PC レスでプッシュスキャン」、(2)「スマートデバイスでスキャン」、(3)「複数PC でスキャナーを共有」を実現します。

直感的な操作ができる「大画面カラーLCDタッチパネル」

4.3インチの大画面カラーLCDタッチパネルを搭載。見やすいカラー表示と、タッチするだけの簡単操作を実現しました。直感的な操作が可能なため、作業者が迷わず操作でき、教育などにかかる管理者の負荷も軽減できます。

サーバーでスキャナーの集中管理を実現する"CaptureOnTouch Admin"を発売

専用のサーバーソフト"CaptureOnTouch Admin"は、スキャン設定やユーザー情報の集中管理を可能にし、分散業務における効率的で安全性の高いスキャナーの運用を実現します。"CaptureOnTouch Admin"を使用することで(1)「ジョブの管理と配信」、(2)「ユーザー認証」、(3)「プッシュスキャンの拡張」といった新たな機能を実現できます。

  • "CaptureOnTouch Admin"は2020年6月リリース予定。

ドキュメントスキャナーの国内市場動向

「働き方改革」への取り組みや、RPAの普及など、オフィス業務の効率化を図る動きの中で、書類の電子化、OCRによるデジタルデータ化など、スキャナー活用の市場ニーズは更に高まりつつあります。企業が各拠点単位で電子化を行い、データは本部で管理するという分散入力業務が増えており、電子化したファイルを簡単に送信できるネットワークスキャナーのニーズも高まっています。こうしたビジネス市場での要求を受け、ドキュメントスキャナー市場は、今後も堅調に推移すると見込んでいます。ドキュメントスキャナーの2018年の国内市場規模は約10.1万台でしたが、2019年は約9.9万台と予想しています。(キヤノンMJ調べ)

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90072

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

imageFORMULA DR-S150
4.64MB(3646px×2747px)

dummy

1.19MB(2216px×828px)

大画面カラーLCDタッチパネル
3.52MB(4961px×3307px)

CaptureOnTouch Admin
2.18MB(2242px×1443px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る