キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年10月3日

上位機種の高画質と静音化を継承し幅広い用途に対応するエントリーモデル
大判インクジェットプリンター"imagePROGRAF TA-30 ⁄ TA-20"を発売

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF(イメージプログラフ)」の新製品として、A0ノビ対応の"TA-30"、A1ノビ対応の"TA-20"を、2019年10月10日より発売します。

  • imagePROGRAF TMシリーズ。

imagePROGRAF TA-30

imagePROGRAF TA-20

発売情報

imagePROGRAF TA-30

価格
オープン価格
発売日
2019年10月10日

imagePROGRAF TA-20

価格
オープン価格
発売日
2019年10月10日

おもな特長

CAD市場・ポスター市場に向け、エントリーモデルの「imagePROGRAF TA」シリーズを新たに展開します。ハイエンドモデルのコア技術を継承しエントリーモデルながら上位機種と同等の高画質プリントを実現します。設計事務所やデザイン事務所、学校や病院、小売店や一般オフィスで出力される図面やポスター、グラフィックスなど、さまざまな印刷用途に一台で対応できるコストパフォーマンスに優れた本シリーズを投入することで、幅広い大判プリントニーズに応えます。

コア技術「Air Feeding System」と5色顔料インク「LUCIA TD」による高画質プリント

「imagePROGRAF」シリーズに搭載されているコア技術「Air Feeding System」の搭載により、印刷時にエア吸引で用紙の浮きを抑え平らに搬送することができます。これにより、プリントヘッドと用紙との距離を一定かつ平行に保つため、ロール紙に巻癖がある場合でも高精度なインク着弾が可能となり、高画質プリントを実現しています。さらに、5色顔料インク「LUCIA TD」を採用し、普通紙での細線や文字の鮮明な再現、光沢紙での高発色を実現し、高精細な図面や色鮮やかなポスターなど多様な印刷物を高画質に出力できます。

静音化やコンパクト設計など小規模オフィスにおける快適なプリント環境の実現

内部構造の見直しやカッター性能の向上などにより静音化を図り、印刷時に発生する稼働音約42dBを達成し、"TA-30"は同クラスの従来機種と比べ稼動音を約74%削減しています。小さな稼働音に加え、コンパクト設計により"TA-20"は机の上に置いて使用することもでき、スペースに限りのある小規模なオフィスや店舗で使用する場合でも、設置場所の選択肢が広がり、快適な大判プリント環境を実現します。

  • 普通紙、線画・文字、標準モードでの印刷時の音エネルギーを比較した場合。同クラスの従来機種は「iPF770 School(2015年8月発売)」

大判インクジェットプリンターの市場動向

CAD 図面のカラー化需要の高まりや、建築、土木、製造など個々の現場での分散出力ニーズの増加傾向により、大判インクジェットプリンターによるCAD 図面の出力機会は増えています。また、業務効率の改善や即時性などから、従来は外部に委託していたポスターなどの大判出力物を内製化しようとするニーズも高まりつつあります。大判インクジェットプリンターの2018年の販売台数は世界で約22万8千台、国内で約2万4千台でした。2019年も前年並みの販売台数を見込んでいます。(キヤノン調べ)

  • A1以上の用紙サイズに対応する水性大判インクジェットプリンターにおいて。

商品紹介動画

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90063

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

imagePROGRAF TA-30
2.57MB(4300px×3700px)

imagePROGRAF TA-20
1.38MB(4300px×3700px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る