キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年10月17日

グローバルシャッター機能搭載のCMOSセンサー"3U5MGXSBAI"を発売
高速で移動する被写体を可視光域と近赤外線域で同時に撮像可能

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、グローバルシャッター機能の搭載に加え、可視光域と近赤外線域での撮像を同時に行うことができるCMOSセンサー"3U5MGXSBAI"を本日より発売します。

  • "3U5MGXSBAI"で撮像できる近赤外線の波長域は約800~1,000nm。

3U5MGXSBAI

おもな特長

"3U5MGXSBAI"は、2⁄3型で有効画素数約532万画素(2,592×2,056)のCMOSセンサーです。グローバルシャッター機能を搭載し、高速で移動する被写体をゆがみなく正確に撮像することができるほか、可視光域と近赤外線域での撮像を同時に行うことが可能です。キヤノンは、"3U5MGXSBAI"を投入することで、産業用途の画像認識における多様なニーズに応えます。例えば、食品工場において、カラー画像でパッケージ表面の印刷状態の検査を行うと同時に、近赤外線画像でパッケージ内部の異物検査を行うことが可能となります。また、交通監視では、1台のカメラで日中はカラー画像、夜間は近赤外線画像により、ナンバープレートなどの車両情報を認識することが可能です。

グローバルシャッター機能を搭載

高速移動する被写体を撮影する産業用途などにおいては、ローリングシャッター方式のCMOSセンサーでは、画素行ごとに順次露光するため、信号読み出しにわずかな時間差が生じ、高速移動する被写体がゆがんで撮像されることが課題とされています。"3U5MGXSBAI"は、全画素を同時に露光するグローバルシャッター方式を採用しているため、高速で動く被写体もゆがみなく正確に撮像することが可能です。

可視光域と近赤外線域での撮像が同時に可能

カラーフィルターの一画素を近赤外線域用の画素として割り当てることで、1つのセンサーで、カラー画像と近赤外線画像を同時に取得できます。そのため、複数台のカメラを用いた大規模なシステムを構築する必要がなく、撮像システムや検査装置の小型化に貢献します。

幅広い用途に対応する多彩な機能

73dBの広いダイナミックレンジ※1により、明暗差の大きい状況においても高画質な画像を撮像できます。また、任意の領域を最大8領域まで選択し、読み出す情報量を削減することで、フレームレートを上げることができるROI(Region of Interest)機能を搭載しています。さらに、被写体が特定の位置を横切ったタイミングで露光し、撮像することができる外部トリガー露光制御機能※2や、カメラを天井などに逆さに設置した場合でも、センサー内で見やすい向きの画像にして出力することができる水平・垂直反転機能を搭載し、産業用途で求められるさまざまなニーズに対応します。

  • ※1ダイナミックレンジ優先モード時。
  • ※2フレームレート優先モード時。

CMOSセンサーの市場動向

高速で移動する被写体を正確に認識する必要のある産業用途などにおいては、動体撮影時もゆがみのない画像を取得することができるグローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーの需要が高まっています。また、カラー画像と同時に近赤外線画像を取得できるCMOSセンサーも幅広い分野への応用に期待が高まりつつあります。近赤外線の特性を生かした、食品などの検査、遠方の監視・モニタリング、精密農業、生体・医療分野への活用も注目されています。(キヤノン調べ)

商品紹介動画

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 産業機器事業部 第二営業本部 企画部 企画課
電話番号 03-3740-1874(直通)

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

3U5MGXSBAI
678KB(3900px×2600px)

食品工場における動く被写体の検査例
76.8KB(785px×414px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る